2008年03月26日

外貨預金のしくみ

ここのところの円高で最近は外貨預金に人気が集まっているようです。

日本は超低金利で銀行に預けていてもそうそう大きな利息はたまりませんが外国は日本と違って金利が高いところが多いので円を外貨に交換して高い金利で運用しようというのが外貨預金ですね。

外貨預金といえば高金利というイメージがありますが、もっと大事なことがあります。
高金利よりも外貨預金の場合に注意しなければいけないのが
・為替変動
・為替手数料
・税金

この3つはしっかりと確認しておかねばなりません。
私としては外貨預金よりもFX(外国為替証拠金取引)の方が手数料面で圧倒的に有利なので外貨預金よりもおすすめではありますがね

外貨預金といえば銀行でできる外貨投資ということになります。
高金利の数字にばかり目を奪われないようにして、上の3つの項目について考えてから投資を考えるようにしてください。

それと忘れてはいけないのが預金保険制度の対象外だということ
金融機関が破綻しても1000万円まで保護される制度は知っている人も多いと思いますが外貨預金は保護の対象外だということも必ず覚えておきましょう。
posted by SON at 23:49
"外貨預金のしくみ"へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。