2008年03月22日

マル優制度のこと知ってますか?

マル優制度というのは所得を得るのが大変な人に対する配慮として一定額以下の貯蓄に対する利息を非課税扱いにする制度です。
これを障害者等の非課税貯蓄制度といい一般的にマル優制度と呼ばれています。

マル優制度を利用できるのは、まず日本に居住していることが条件で、
以下のいずれかに該当している人になります。
・身体障害者手帳の交付を受けている人
・遺族基礎年金の受給者である妻
・寡婦年金の受給者
・その他これらに準ずる人

もしあなたがマル優制度を利用できる対象者でまだ利用していないのであれば、銀行や郵便局の窓口で申し込むだけなので面倒ですが窓口まで足を運んでみてはどうでしょうか?

元々少ない利息なので20%源泉課税分が非課税になりますから少しでも受取額を増やすことができますよ。

非課税の限度額はどうなっているのかというと
1、マル優として非課税にできるのは350万円までの元本に対する利息
  銀行などの預貯金や貸付信託、金銭信託などで利用
2、さらに特別マル優として利付国債、公募地方債の額面350万円までの利息

3、そして郵貯非課税として郵便貯金の元本350万円に対する利息

1,2,3の非課税制度を全部利用できますので最大1050万円まで非課税で貯蓄することが可能になります。

マル優制度が利用できるなら3つの貯蓄方法を検討してみてはどうでしょうか?
posted by SON at 11:54
"マル優制度のこと知ってますか?"へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。