2012年12月12日

子供の習い事をやめさせる基準

1か月ほど前に小学3年の息子と
1つの約束をしました。


「今度のピアノ検定で不合格やったらピアノやめさせるからな!!」


と・・・
かなり厳しいことを息子に言いました。


普段から人の話を最後まで聞かない息子は
毎回の練習で先生からお叱りをうけています。


それは指示されていることができていないから・・・
先生の指示を最後まで聞いてないから必ずどこかミスってるんです。


ピアノの腕前がなかなか上達しないのも
そこらへんに原因があるようなのですが・・・


我が家では子供に習い事をさせる基準というものがありまして
子供が本気でやる気をなくしたら、もう習い事はやめさせる方針なんです。


だから、先生の話を最後まで聞いていいない息子と
冒頭の約束をしました。


本人は絶対やめたくないということなんで
どうやらこの1か月はがんばっていたようです。


先日、検定を受けるために別の教室につれていきましたが
緊張していたようです。


おそらく予想では、合格しているような気がしますが
ここで私が折れるわけにはいきませんので


「全ては結果次第!!」
と言っております。


まあ、たまには子供にも刺激を与えないと
張り合いってものがないと面白みにかけますから・・・(私のね)


家庭で使える教育費の割合もそれなりの出費になっていますので
できれば、子供たちには有効に使って欲しいと思っています。


心情的には
がんばっていれば削れない
やる気がないなら削ってしまえ!!


という感じになりますのでね。


そういうことで・・・
私も削られないように(笑、何をやねん)


がんばらないといけませんね~♪

posted by SON at 12:38
"子供の習い事をやめさせる基準"へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。