2009年07月25日

高額療養費part2

前回の記事からの続きになります。


今回はさらっと気をつけたいポイントを書こうと思います。


前回では一ヶ月に指定の金額を1つの医療機関で越えた医療費について還付されるって話でしたね。
できるだけ月をまたがないように
連続で高額医療費がかかるような手術をするならその月内で支払いまでするのが医療費を安くすることができるってこと


日程を選択する権利がある場合なら考えておく必要ありでした。


では次に
2つ以上の病院でそれぞれ高額の医療費がかかった場合はどうなるのか?


実は合算できるのですが条件があります。
それぞれ21000円以上でなければくっつけられません。

A病院    B病院
30000円 + 20000円  ではダメ、対象外
21000円 + 21000円  ならOKで上限が35400円なら越えた分が戻ってくるんですね。

上の方が高い医療費がかかってるのにやっぱり変な感じです。


気をつけたいところをもう一つ
12ヶ月以内に高額療養費を3回受け取ると4回目からは限度額が下がります。

通常35400円の人なら4回目は24600になるんです。

たとえば医療費が35500かかったとして
「100円しかどうせ戻ってこないから高額療養費請求するの止めるか」


などということは後々どうなるかわかりませんのでズボラしたらダメってことですね。
万が一のこともありますから限度額を超えたなら確実に請求するようにしましょう。


ってことでした。


実は結構な細かい規定が多くて全部書いてたら丸写ししないといけなくなるんで気をつけたいところだけチョチョッとつまんで書いてみました。


細かいことは社会保険庁

posted by SON at 02:26
"高額療養費part2"へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。