2009年05月21日

コーヒー代節約術セカンドステージ

インスタントコーヒーを持っていくことで
一旦、コーヒー代の節約が完了したかに思えましたが


ある日の休憩室にて


同僚 「インスタントコーヒーもいいけど、やっぱりレギュラーコーヒーが飲みたいな、味も香りもぜんぜんちがうしなー」


SON 「インスタントやから安いんやろ?」


同僚 「でもレギュラーやったらもっとホッとするんちゃう?」


こんなやり取りから新たな節約思考へと進化していきました。


SONはインスタントコーヒーよりレギュラーコーヒーの方が大好きです。
コーヒー好きな人はたぶんそうだと思います。


じゃあ、インスタントコーヒーと同じくらいのコストでレギュラーコーヒーを飲むことはできないだろうか?


だんだんそういう気分になってきたんですね。
そして、会社には同じようなコーヒー好きが結構たくさんいます。


コーヒーを飲んでる人、みんなに相談してたら
「みんなでお金を出し合ったらレギュラーコーヒーにできるんちゃう?」


そういう意見がでてきたんですね。


コーヒー好きのメンバーの中にまとめ買いでコーヒー豆を安く購入できる店を知ってる人がいましたので


どんどん話が膨らんできました。


「5~6人集まれば一ヶ月500円くらいの会費で豆とフレッシュ、砂糖は用意できるで」

「じゃあ、コーヒークラブつくろう!!」


メンバーは休憩室でコーヒーを飲んでる人に声をかければ簡単に集まりました。


とここまで話が進んで、残る問題は
初期設備をそろえること


コーヒーメーカーを購入しなければなりません。
みんなから初期設備導入費用として千円ほど集めるか?


と、そこに通りかかった部長・・・
女性社員がすかさず


「今度コーヒークラブを作って休憩時間にレギュラーコーヒーが飲めるようにしようと思うんですけど部長も参加しませんか?

会費は500円で、毎日良い香りのおいしいコーヒーになりますよ」


部長「おっ、それええやないか」


「あのー最初にコーヒーメーカーを購入しないといけないんですけど
最初に購入費集めないといけないんです。」


部長「そりゃそうやな、それなら俺が出すわ
   その代わり毎日おいしいコーヒー頼むで」


・・・


あっさり問題が解決しました。


ってことで晴れてコーヒークラブが会費500円でスタートできたわけです。


まあ、ここからもコーヒークラブが継続するには小さな危機が何回かあったわけですがうまく乗り越えて現在にいたります。


小さい危機の話はあんまり節約とはからまないので今回は書かないでおきますね。
ニーズがあったら危機の話も書こうと思います。


そういうわけで、
自販機でコーヒーを買ってた時からインスタントを経て、現在は月額500円でレギュラーコーヒーが飲めるコーヒークラブになったというわけです。


月額500円ならインスタントコーヒーの方が安くなるかもしれませんけど、満足度は圧倒的に今ですね。


かけた費用に対して得られる効果が大きいなら
それも節約の一つと考えてもいいんじゃないかなって思います。


みなさんはどう思われましたか?


→ 雑誌購入費節約 へ
posted by SON at 23:42
"コーヒー代節約術セカンドステージ"へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。