2008年05月08日

株式相場を動かしているのは結局のところ

------------------------------------------------

あなたは貯蓄力に自信がありますか?
リーマンインテリジェンスからあなたへの挑戦状
→ マネーセンス検定〜貯蓄編〜
Sランクが出せるかな?

------------------------------------------------

株式相場を動かしているのは結局のところ何なのか?
株式相場にかかわらず、相場は需給関係が価格を動かします。


株価が上がるのは何故か
それは株を買いたいと思っている人が多いから


株価が下がるのは何故か
それは株を売りたい人と思っている人が多いから


「そんなの当たり前じゃないか?」
と思う人もいれば
「そんなことで株価の変動がきまっているの?」
と思う人もいると思います。


株を売り買いしているのは個人投資家だけではありません。
事業法人、銀行、生命保険、損害保険、投資信託、外国の機関投資家など・・・


個人投資家では考えもつかない大きなお金を動かしている人たちが株の売り買いを判断しています。


大きなお金が一斉に買いに動く時、株式相場全体が上昇します。
逆に一斉に売りにまわれば株式相場全体が下落します。


サブプライムローン問題では世界中の投資家が一斉に売りにまわったことで暴落が起きたということになりますね。


いろいろとプロの方のセミナー等を聞いてサブプライムローンの問題の本質が何だったのかを知りましたが、正直いって個人投資家にとっては難しい話でした。


ただ、個人投資家も相場に参加して取引を行っているのですから、大きな流れがどっちにむいておきそうなのかくらいは感じ取れるように勉強はしておきたいものですね。

☆ブログランキングに参加しています。
応援ポチよろしくお願いします♪  😃 
  ↓           ↓
にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ 
タグ:株式相場
posted by SON at 22:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | 株価の変動要因
2008年05月07日

金利が株式相場に影響する

------------------------------------------------

あなたは貯蓄力に自信がありますか?
リーマンインテリジェンスからあなたへの挑戦状
→ マネーセンス検定〜貯蓄編〜
Sランクが出せるかな?

------------------------------------------------

株価の変動要因の続きです。

個々の株価が変動するのは企業の業績などで判断された結果起こる動きという話をしましたが・・・


今回は金利が株式相場に影響を与えるという話です。


この場合は個別の株価の問題というよりは株式相場全体に与える影響と考えてください。


一般的に金利が上昇すると株価が下落し、金利が低下すると株価が上昇するといわれています。


理由としては金利が上昇すれば、預貯金や債券の金利も上昇して株式投資への有利性が低下するということがあげられます。


逆に、金利が低下すれば株式投資への有利性から株価が上昇します。


最近、印象に残っているのがアメリカで起こったサブプライムローン問題があります。


2月〜4月まで続いた株価の暴落、もちろんアメリカ主導の株価暴落でしたがこの株価下落が止まった出来事の一つにアメリカが政策金利を大幅に引き下げたということがあげられます。


去年5%代だった政策金利が今は2%代です。
日本の政策金利は超低金利なので0.25%あげることも下げることもできない状態ですけどね。


アメリカの出来事ではありましたが金利を下げることで株価の下落が止まるということを実際に見ることができた出来事でした。


ということで、金利が株式相場に影響を与えるという話でした。
ところで何故株価の暴落なんて起きるのでしょうかね。


次回は相場を動かしているのは結局誰ってことで
ではまた!!

→ 株式相場を動かしているのは結局のところ
☆ブログランキングに参加しています。
応援ポチよろしくお願いします♪  😃 
  ↓           ↓
にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ 
タグ:株式相場
posted by SON at 23:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | 株価の変動要因
2008年05月06日

株価が変動する要因は何

------------------------------------------------

あなたは貯蓄力に自信がありますか?
リーマンインテリジェンスからあなたへの挑戦状
→ マネーセンス検定〜貯蓄編〜
Sランクが出せるかな?

------------------------------------------------

株式投資は安い時期に買って高くなったら売る。

基本的な考え方はみなさん誰もが知っていることだと思います。
(信用取引とか難しいことはちょっと横においておきます)

では、株価には何故、安い時と高い時があるのでしょうか?
いったい何が株価を安くしたり、高くしたりしているのでしょうか?


それが簡単に分かると・・・


株って儲かるねーっていえるのでしょうがそうは問屋が卸しません。
株価を変動させる要因って実は色々あるのです。


色々ある株価を変動させる要因の1つ目として


・企業業績(将来的な)
株価が割安とか割高とか、PERやPBRで判断したりするという話はしましたがPERやPBRを決定しているのは将来的な企業業績を示す数字です。


将来的な企業業績が株価を変動させる理由としては
現在、企業業績が良くても将来的に悪化すると見込まれているとすれば投資家は悪化して株価が下がってしまう前に
「株価の高い今のうちに売っておこう」という意識が働きます。


その意識が株価を値下がりさせる要因の一つになっています。
逆に今は企業業績がいまいちであっても将来的に業績が良くなると予想すれば、「株価の安い今のうちに買っておこう」という意識が働きます。

そのような将来の企業業績を投資判断の材料としている投資家の意識が株価を変動させている要因の1つになっているといえるのですね。


それ以外にも株価を変動させる要因はいろいろありますが・・・
それはまた今度にしましょう。


ではまた!!

→ 金利が株式相場に影響する

→ 株式相場を動かしているのは結局のところ
☆ブログランキングに参加しています。
応援ポチよろしくお願いします♪  😃 
  ↓           ↓
にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ 
タグ:株価
posted by SON at 22:59 | Comment(1) | TrackBack(0) | 株価の変動要因
みんなの節約記事をチェックする♪わーい(嬉しい顔)→ 節約トラコミュ
AX