2010年10月22日

株の税金優遇が終わる

------------------------------------------------

あなたは貯蓄力に自信がありますか?
リーマンインテリジェンスからあなたへの挑戦状
→ マネーセンス検定〜貯蓄編〜
Sランクが出せるかな?

------------------------------------------------

ブログを編集しようと思ってるんですけど


色々と編集していたので


ちゃんとした雰囲気にするのにまとまった時間が欲しいなあ
とちょっといい訳です。


まあ、そのうちリニューアルしますので・・・


そういえば株式投資の優遇税制がH24年で終わるみたいなニュースが流れていましたね。


株式投資派にとってこの優遇税制は大きかったと思います。
優遇税制狙いの


駆け込み売却で株価が下落するようなことがなければいいですけどね。
そんな大きな流れにはならないかな?


私は個別株はずーっと持ちっぱなしですけど
大きな動きになると
日経平均に影響がでるのが心配ですね。


毎日色んなニュースがとびかってますが
右往左往しないように取り組みましょう。


☆☆☆
10月23日に資産運用勉強会を開催するのですが
満席になりました!!


ご参加いただくみなさん当日お会いするのを楽しみにしております



☆ブログランキングに参加しています。
応援ポチよろしくお願いします♪  😃 
  ↓           ↓
にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ 
タグ:税金優遇
posted by SON at 14:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | 株式投資も勉強しよう
2008年05月04日

PBR株価純資産倍率で割安感をみる

------------------------------------------------

あなたは貯蓄力に自信がありますか?
リーマンインテリジェンスからあなたへの挑戦状
→ マネーセンス検定〜貯蓄編〜
Sランクが出せるかな?

------------------------------------------------

PERに続き今回はPBRについてです。

PBRはPrice Book-value Ratioの頭文字でつくられていて日本語では株価純資産倍率といいます。

PERが企業の利益水準に対して株価の割安感をみる指標だったのに対してPBRは企業の資産価値から株価の割安感を判断していきます。

PBRの計算式はPBR=株価÷1株あたりの純資産
であらわされます。

1株あたりの純資産は企業の純資産を発行株式数で割ればでてきます。
1株あたりの純資産=純資産÷発行済み株式数 ですね

(純資産というのは資産から負債を差し引いたものです。)


PBRが低ければ低いほど株価は資産価値に比べて割安、高ければ割高ということになります。

PBRの計算式にでてくる1株あたりの純資産というのは株式の資産価値を表しているともいえますので
株価がどんなに下がっても実質の資産価値である1株あたりの純資産は下回らないだろうという理屈からPBRが1に近づけば近づくほど株価の大底に近づいているという判断の仕方もあります。


PBRがいったいどんなことをあらわしている数字なのか理解していると漠然と眺めている時よりもいろんなことが分かってきますね。

これでPBRは終わりです。
ではまた!!
☆ブログランキングに参加しています。
応援ポチよろしくお願いします♪  😃 
  ↓           ↓
にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ 
posted by SON at 16:13 | Comment(2) | TrackBack(0) | 株式投資も勉強しよう
2008年04月29日

株式投資 キャピタルゲイン課税

------------------------------------------------

あなたは貯蓄力に自信がありますか?
リーマンインテリジェンスからあなたへの挑戦状
→ マネーセンス検定〜貯蓄編〜
Sランクが出せるかな?

------------------------------------------------

上場株式などのキャピタルゲインについては譲渡所得として他の所得と分けて税金がかかります。

原則として確定申告して他の所得とは分離して課税されますので申告分離課税といいます。

今年は税制優遇で所得税7%、住民税3%の計10%です。
来年からは元に戻って計20%の課税です。

この申告分離課税に適用されるのは上場株式だけでなく外国上場株式、株価指数連動型上場投資信託(ETF)、上場不動産投資信託(J−REIT)などの損益も含まれます。

また株式投資で損失が出た場合は確定申告することで翌年以降3年間にわたって「上場株式等にかかわる譲渡所得等の金額」から繰越控除があるのが大きな特徴で、今年の損失と来年の利益を合算できるわけです。

株式投資のいいところですね。

「株式投資はやってみたいけど確定申告は面倒でやりたくないな」と考える人も結構いると思います。

私も確定申告なんてやりたくないですからね。
正直いってめんどくさいです。

そんな、確定申告をやりたくない人でも株式投資に参加しやすいシステムとして特定口座制度があります。

証券会社に特定口座を開設すると税金を源泉徴収してくれる源泉徴収選択口座か源泉徴収しない簡易申告口座かを選択することができます。

源泉徴収選択口座だと譲渡益にたいする税金が源泉徴収されますから確定申告はしなくてよいということになります。

ただし、損失がでて繰越控除を受けたいなら確定申告はしなければいけませんよ。


特定口座を開設すればわずらわしい確定申告もしなくてよくなります。
税金関係が苦手な人にも株式投資は優しい投資だといえますね。

☆ブログランキングに参加しています。
応援ポチよろしくお願いします♪  😃 
  ↓           ↓
にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ 
posted by SON at 23:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | 株式投資も勉強しよう
2008年04月28日

株式投資の税金 配当課税とは

------------------------------------------------

あなたは貯蓄力に自信がありますか?
リーマンインテリジェンスからあなたへの挑戦状
→ マネーセンス検定〜貯蓄編〜
Sランクが出せるかな?

------------------------------------------------

株式投資にももちろん税金がかかります。

儲かった場合ですけどね。
株式投資の収入といえば配当金(インカムゲイン)と値上がり益(キャピタルゲイン)です。

原則は20%の税金がかかるのですが配当金にかかる税金は平成21年3月までは10%の優遇税制が適用されているようです。
値上がり益についても10%の優遇税制が適用されていますがこちらは平成20年12月までのようです。
(*時期については違っている可能性があるので注意してね)


他の金融商品が20%の税金なのに株式投資は期間が決まっているとはいえ10%というのはかなり優遇されている感じがしますね。


配当金にかかる税金は源泉徴収されますので確定申告は不要です。
確定申告したほうが有利な場合は確定申告できます。
その時は総合課税の扱いとなり、税額控除として配当控除を受けることができます。

次は値上がり益にたいする税金ですね。
☆ブログランキングに参加しています。
応援ポチよろしくお願いします♪  😃 
  ↓           ↓
にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ 
タグ:配当課税
posted by SON at 20:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | 株式投資も勉強しよう
2008年04月25日

株の受け渡しと名義書換

------------------------------------------------

あなたは貯蓄力に自信がありますか?
リーマンインテリジェンスからあなたへの挑戦状
→ マネーセンス検定〜貯蓄編〜
Sランクが出せるかな?

------------------------------------------------

株式の売買代金は売買が成立した日から4営業日目に受け渡しを原則になってます。

簡単にいいますと月曜日に売買が成立したら木曜日が売買代金の受け渡し日ということになります。

証券会社は土曜日、日曜日は営業日ではありませんので金曜日に売買が成立したら受け渡し日は水曜日ということになります。

株式を購入した場合は受け渡し日までに買いつけ代金+手数料を支払い、売却した場合は受け渡し日以降に売りつけ代金−手数料を受け取ることができます。

でもこれは原則ですから証券会社の方針があって、株式を買い付ける場合の代金はあらかじめ口座にないと注文がだせないようになってたりするので注意が必要ですね。

やっと株式を購入したぞーって思ってても・・・
実はまだ株主になったかといえばそういうわけではありません。


「株を買ったのに株主になってないなんておかしくない?」

って思われる人もいるいると思いますが
株は名義書換を行わないと株主になれないのです。

所定の用紙に名前、住所、印鑑をおして手続きするだけで終わります。

「そんなことしてないぞー」
って思っている人もいると思います。

それは「保管振替制度」というしくみを利用している証券会社だと株式を購入するだけで自動的に名義書換してくれるのです。

念のためにあなたが開いてる証券会社の方針を確認しておきましょうね。
☆ブログランキングに参加しています。
応援ポチよろしくお願いします♪  😃 
  ↓           ↓
にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ 
posted by SON at 20:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | 株式投資も勉強しよう
2008年04月24日

株式投資の始め方

------------------------------------------------

あなたは貯蓄力に自信がありますか?
リーマンインテリジェンスからあなたへの挑戦状
→ マネーセンス検定〜貯蓄編〜
Sランクが出せるかな?

------------------------------------------------

さあて、では株式投資をやってみるか・・・・

そうは言ってもどこで何をすれば株式投資を始めることができるのか?
まずはそのあたりからスタートしましょう。

株式の売買は証券取引所で行われていますので証券取引所に注文を出すことが出来る証券会社に株式投資用の口座を開設する必要があります。

証券会社といえばちょうど野村證券がインサイダー取引でニュースになってるところですね。

株式投資を知らないならインサイダー取引なんてわけの分からないニュースで済みますが株式投資を始めるならインサイダー取引がどんなことなのかは知っておく必要があります。

ま、その話は後日

では続きです。

証券会社を選んで口座開設すれば株式投資を始めることができます。
もちろん投資用の資金は振り込んでくださいよ。

株の売買は

・銘柄名
どこの会社の株か良く似た名前の会社が多いので気をつけましょう。

・売りか買いか
株を売るのか、買うのか

・株数
銘柄ごとに売買単位株数(単元株)が決まっているので単元株数の整数倍で株数を注文します。
1000株単位や100株単位、1株単位など銘柄によってさまざまですのでお目当ての銘柄の単元株数は調べておかないとね

・指値か成り行きか
指値注文は売買する時の値段を指定する注文方法です。
成り行きは値段を指定しない注文方法でとりあえず買いたい(売りたい)時にする注文方法です。

成り行き優先の原則から成り行きは指値よりも売買が成立する可能性が高いですが思った以上に高く買ってしまったり、逆に思った以上に安く売ってしまうといったことが起きますので注意が必要です。

株の売買をする際には株の購入代金だけではダメなのです。
証券会社に売買手数料を支払う必要があります。

手数料は株数や証券会社によってさまざまですので自分の取引スタイルにあった証券会社を選ぶのがよいでしょう。

☆ブログランキングに参加しています。
応援ポチよろしくお願いします♪  😃 
  ↓           ↓
にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ 
タグ:株式投資
posted by SON at 23:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | 株式投資も勉強しよう
2008年04月21日

売買できる株式とは

------------------------------------------------

あなたは貯蓄力に自信がありますか?
リーマンインテリジェンスからあなたへの挑戦状
→ マネーセンス検定〜貯蓄編〜
Sランクが出せるかな?

------------------------------------------------

株式会社の株を購入することで株主になることができますが誰でも自由に売買できる株は実は限定された株なのです。

日本には小さい会社から大きい会社まで多くの株式会社が存在するわけですが、誰もが自由に売買できる株というのは証券取引所に上場されている会社の株なのです。

証券取引所に上場して誰もが売買できるようにすることを株式の公開といいます。

基本的には公開されていない株というのは誰もが自由に売買できないということになります。

会社が証券取引所に株式の公開をしたいと思っても、簡単には公開できないのです。
会社の規模、利益水準、経営内容、株主数など色々な審査をクリアしていかなければ株式の公開にはたどり着けません。

上場している株式というのはそれなりの審査を通過した会社だということですね。

日本には株式の売買が行われている証券取引所が6箇所あります。
東京、大阪、名古屋、札幌、福岡、ジャスダックの計6取引所です。

東京、大阪、名古屋は1部、2部があります。
さらに新興企業向け市場として東京にはマザーズ、大阪にはヘラクレスがあります。

証券取引所では価格優先、時間優先、成り行き注文優先を原則に取引が行われます。

価格優先では買い注文時は最も高い価格の注文が、売り注文時は最も低い価格の注文が優先されます。

時間優先では同一価格の注文は時間的に早い注文を優先されます。

成り行き注文優先では売買価格を指定する指値注文より値段を指定しない成り行き注文が優先されます。

一応こんな感じで株式は取引されているわけですね。
知らなくてもいい内容かも知れませんが、きっと知っていたほうがいいこともあると思いますよ。
☆ブログランキングに参加しています。
応援ポチよろしくお願いします♪  😃 
  ↓           ↓
にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ 
posted by SON at 21:34 | Comment(0) | TrackBack(1) | 株式投資も勉強しよう

株式って何のこと

------------------------------------------------

あなたは貯蓄力に自信がありますか?
リーマンインテリジェンスからあなたへの挑戦状
→ マネーセンス検定〜貯蓄編〜
Sランクが出せるかな?

------------------------------------------------

投資といえばすぐに思いつくのがですよね。

投資をしたことがない人でも投資からイメージするものの中でって言葉はメジャーだと思います。(たぶん)

では株式投資を始める前にそもそもって何なのかということくらいは知っていてもいいのではないかなと思いませんか?

意味のわからないもので投資するより意味がわかって投資する方がきっと銘柄を選択するときにもいい影響がでるのではないかなと勝手に考えています。

会社が事業を行うために多くの資金が必要になってくるわけですが、その資金を集めるために、事業の目的や内容を説明して返済義務のないお金(自己資本)をたくさんの人に出資してもらうことになります。

このお金を出資してくれた人を株主といって、あなたが株主ですよという証明として株式が発行されるのです。

正確には株式は株式会社における株主の持分を指していて、1000万株発行している会社の1万株を保有している場合、その会社の1000分の1を保有していることになります。

つまり株は会社そのもののをあらわしている分身みたいなものってことですね。(余計わかりにくいかな)

株を持っているということは会社の一部を保有していることになりますから株主にはいろいろな権利があるのです。
主な権利としては

・経営参加権
会社の経営に参加できる権利で株主総会に出席して持ち株数に応じた議決権を行使することができます。

・利益配当請求権
会社から利益の配当を受けられる権利

・残余財産分配請求権
会社が解散した時に残った財産を持ち株数に応じて分けてもらえる権利

株式投資とは会社の権利を売買することなんですね。
まずは株って何かが簡単にでも分かったかなーと思います。

株式投資のカテゴリはちょっと長くなりそうですね。
がんばっていきましょう!!
☆ブログランキングに参加しています。
応援ポチよろしくお願いします♪  😃 
  ↓           ↓
にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ 
posted by SON at 00:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | 株式投資も勉強しよう
みんなの節約記事をチェックする♪わーい(嬉しい顔)→ 節約トラコミュ
AX
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。