2008年04月18日

外国債券にも税金がかかるのです

------------------------------------------------

あなたは貯蓄力に自信がありますか?
リーマンインテリジェンスからあなたへの挑戦状
→ マネーセンス検定〜貯蓄編〜
Sランクが出せるかな?

------------------------------------------------

外国債券に投資して儲かったら儲かった分に対して税金がかかります。
どんな投資でも儲かったら税金がかかりますからね。

さて外国債券の場合にはどんな税金がかかるのでしょうか?

実は、ちょっとだけややこしくなっているので気をつけないといけないところがあるのです。

では順をおって・・・
利付債の場合の税金は
利息に対しては20%の源泉分離課税です。
外国債券ですから、外国で源泉徴収されている場合などは20%の源泉徴収する前に外国で徴収された分を控除します。
外国と日本であわせて20%の税金になるように調整されます。

税金の取られすぎにならないように20%を保っているということですね。
これを差額徴収方式といいます。

次に償還差益に関しては雑所得として総合課税になります。
売却益の場合は非課税です。

売却すれば非課税ですが償還差益は雑所得・・・
どっちがお得になるのかはタイミング次第といったところでしょうか

上記は利付債の場合でしたが次は割引債の場合です。

外国債券の割引債にかかる税金は
割引債なので利息がありませんね。

では、償還差益は雑所得で総合課税になります。
国内の割引金融債は18%でしたからこの違いは覚えておきたいですね。

そして売却益は・・・
利付債が非課税であったのですが、割引債は総合課税扱いの譲渡所得になります。

金融商品によって税金のしくみが違っているので、購入する前には税金のことも調べるようにしたいですね。

ではまた!!
☆ブログランキングに参加しています。
応援ポチよろしくお願いします♪  😃 
  ↓           ↓
にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ 
posted by SON at 00:20 | Comment(2) | TrackBack(0) | 債券投資にチャレンジ
2008年04月16日

外国債券にリスクはあるのか

------------------------------------------------

あなたは貯蓄力に自信がありますか?
リーマンインテリジェンスからあなたへの挑戦状
→ マネーセンス検定〜貯蓄編〜
Sランクが出せるかな?

------------------------------------------------

外国債券といえば日本にはなかなかない高利回りな商品があったり、為替差益も狙えたり・・・

メリットもあるわけですが、いいことばっかりみてないでリスクについてもしっかりと分かった上で購入したいものですね。

為替差益を得ることもあれば当然為替差損になることもありますので為替リスクについては予測しておく必要があります。
また為替リスクを計算する時には為替手数料(円と外貨の交換レートTTS、TTBの差分)についても計算に入れておかなければなりません。

また外国債券を含めた海外への投資を行う場合にはカントリーリスクについても考慮する必要があります。

カントリーリスクは国の信用リスクのことをいいます。
つまり投資している国の政治、経済、社会、環境などの点で安心できるかということです。

カントリーリスクについては格付け会社の情報で判断するくらいしかできませんが調べもしないで高利回りだからという理由だけで投資するとあぶないですよ。

それと、外国債券を投資する場合は扱っている証券会社などに口座を開設しなければならりません。
その口座管理料もかかるのが一般的ですので取引コストとして計算に入れておかねばなりません。

いろいろと手数料など余計なコストがかかるということは覚えておきたいですね。
☆ブログランキングに参加しています。
応援ポチよろしくお願いします♪  😃 
  ↓           ↓
にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ 
posted by SON at 22:43 | Comment(1) | TrackBack(0) | 債券投資にチャレンジ

外国債券の種類

------------------------------------------------

あなたは貯蓄力に自信がありますか?
リーマンインテリジェンスからあなたへの挑戦状
→ マネーセンス検定〜貯蓄編〜
Sランクが出せるかな?

------------------------------------------------

債券には国内の債券だけではなく外国の債券もありますね。
では外国の債券つまり外国債券にはどんな種類があるのでしょうか?

債券の発行者、通貨、発行場所のどれかが海外であればその債券は外国債券ということになります。

では外国債券の種類を見ていきます。

外貨建て債券は発行場所が海外、海外の発行者、通貨が外貨の債券です。
場所、発行者、通貨の全部が海外ということですね。

サムライ債は外国法人が日本国内で円建てで発行している債券です。
場所と通貨は国内ですが発行者が外国法人です。

ショーグン債は外国法人が日本国内で外貨建てで発行している債券です。場所は国内ですが発行者と通貨が海外になります。

デュアルカレンシー債は債券の購入金額の払い込みは円建て、利払いも円ですが償還金は外貨で支払われるという債券です。
償還金には為替リスクが発生することになりますね。

リバースデュアルカレンシー債は債券の購入金額の払い込みと償還金の受け取りは円ですが利息の払い込みは外貨という債券です。
元本には為替リスクがありませんね。

ひとことで外国債券といってもいろいろな種類がありますね。
外国債券を購入するならどんなことに注意すればいいのでしょうか?

それは次回にもちこしますね。
ではまた!!
☆ブログランキングに参加しています。
応援ポチよろしくお願いします♪  😃 
  ↓           ↓
にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ 
タグ:外国債券
posted by SON at 01:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | 債券投資にチャレンジ
2008年04月13日

債券の格付けと利回り

------------------------------------------------

あなたは貯蓄力に自信がありますか?
リーマンインテリジェンスからあなたへの挑戦状
→ マネーセンス検定〜貯蓄編〜
Sランクが出せるかな?

------------------------------------------------

債券にはデフォルトという信用リスクがあります。

金融商品にはリスクが必ずついてくるわけですが債券の場合の信用リスクを判断する材料として格付けがあります。

この格付けを決めているのは債権を発行している企業や金融機関とは関係のない格付け会社が決定しています。

基本的に格付け会社が他の企業と利害関係があるとその格付けに信憑性がなくなってしまいますから、きっと利害関係はないのだと思います。

とはいえ、今話題になっているサブプライムローンを組み込んだ金融商品の格付けは正しかったのか?
これだけ大きな問題になったのも格付け会社にも責任があるのかも?

などという問題も実際にありますのでその格付けはあくまでも目安という位置づけで判断することになりますね。

さて、格付けのつけ方ですが
安全性の高い方がAAA(トリプルA)、AA(ダブルA)、A(シングルA)そしてBBB、BB、B、CCC、CC、Cと続きます。

確実性の高い格付けとしてはBBB以上で投資適格債といいます。
逆にBB以下の債券は投機的債券、ジャンク債などと呼ばれています。

投資にとってリスクが大きければその分リターンは大きいというのが特徴で安全性の高い債券ならば利回りが低くても安全重視で購入されていきますが、安全性の低い債権の利回りが低いと誰も欲しがる人がいなくなってしまいます。

だから安全性の低い債権の利回りは高格付けの債券よりも高利回りに設定されているわけです。
これをハイイールドボンド(高利回り債券)と呼ぶこともあります。

リスクをどこまで許容してリターンを目指すのか・・・
そこが投資の難しいところでもあり、楽しいところでもあるわけですね。

決してギャンブルにならないように気をつけたいものです。
☆ブログランキングに参加しています。
応援ポチよろしくお願いします♪  😃 
  ↓           ↓
にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ 
posted by SON at 23:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | 債券投資にチャレンジ
2008年04月12日

債券投資のリスクは何

------------------------------------------------

あなたは貯蓄力に自信がありますか?
リーマンインテリジェンスからあなたへの挑戦状
→ マネーセンス検定〜貯蓄編〜
Sランクが出せるかな?

------------------------------------------------

債券も流通市場で取引されている金融商品だということが分かっていますので、金融商品にはつきもののリスクについても考えておかなければなりません。

債券のリスクってどんなものがあるのでしょうか?

債権の場合は約束通りに利息が払えないとか償還期限に額面金額を支払えないといったリスクがあってこれをデフォルトリスクとか信用リスクといいます。

さてこ債券の信用度を見るためには何か判断材料がないとどの債券が信用できそうか判断ができませんね

そんな時に目安になるのが格付けってのがあるわけです。

格付けといえば芸能人の格付けでTV番組があったことを思い出しましたが・・・
TVの見すぎかな


さて次はもう少し格付けについて書いてみようと思いますが今日はここまでです。
☆ブログランキングに参加しています。
応援ポチよろしくお願いします♪  😃 
  ↓           ↓
にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ 
posted by SON at 16:26 | Comment(0) | TrackBack(0) | 債券投資にチャレンジ
2008年04月09日

債券売買のしくみ

------------------------------------------------

あなたは貯蓄力に自信がありますか?
リーマンインテリジェンスからあなたへの挑戦状
→ マネーセンス検定〜貯蓄編〜
Sランクが出せるかな?

------------------------------------------------

債券を買う時はまずその債券が新規に発行される新発債なのか流通市場で購入する既発債なのかでしくみが違ってきます。

新発債の場合は販売手数料がかからないのが特徴で募集期間中に売り切れる前に購入しなければなりませんが額面の金額で購入することができます。

それに対して既発債を流通市場での取引によって購入する場合については新発債の場合とは少し違ってきます。

既発債を取引している市場として取引所市場、店頭市場、業者間市場などがあるのですが業者間市場は金融機関同士の取引で個人には関係ないので省くとして、

取引所市場で取引する場合には債券の価格以外に委託手数料(売買手数料)がかかります。手数料には消費税もかkります。

店頭市場の場合は金融機関が手数料相当分を価格に上乗せして表示していますので手数料を取られるわけではありませんが、手数料相当分はしっかりと金融機関が取っていることは覚えておきましょう。

☆ブログランキングに参加しています。
応援ポチよろしくお願いします♪  😃 
  ↓           ↓
にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ 
タグ:債券
posted by SON at 22:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | 債券投資にチャレンジ
2008年04月08日

国債は国が発行している債券です

------------------------------------------------

あなたは貯蓄力に自信がありますか?
リーマンインテリジェンスからあなたへの挑戦状
→ マネーセンス検定〜貯蓄編〜
Sランクが出せるかな?

------------------------------------------------

債券にはいろいろな種類がありますが
もっとも代表的な債券といえばやはり国債でしょう。

国が発行している債券を国債とよびます。
償還期限の違いなどから数種類の国債があります。

固定金利型の国債で満期までの期間が20年、30年のものを超長期国債といいます。

満期までの期間が10年の国債は長期国債
2年、5年満期の国債は中期国債とよばれます。
いずれも利息の支払いは半年に1回支払われます。

固定金利の国債ばかりでなく変動金利の国債もあります。
変動利付国債は15年満期で利息は半年に1回支払われます。そして次の半年間の利率の見直しが行われるのです。

上記の国債は個人でも法人でも購入できるのですが個人しか購入できない国債もあります。

個人向け国債は個人だけが購入できる国債で10年満期の変動利付型と5年満期の固定金利型があります。

また利払いのない代わりに額面金額より割り引いた価格で売り出される割引国債や個人では購入できない短期国債といった商品もあります。

国債っていろんな種類がありますね。

国はいろんな種類の国債を作ってたくさん国債を売りたいのでしょうか?

今の日本は低金利ですから、国債を購入してもあまりメリットは感じられませんね。

預貯金の延長くらいに考えておくべきでしょう。
☆ブログランキングに参加しています。
応援ポチよろしくお願いします♪  😃 
  ↓           ↓
にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ 
タグ:債券 国債
posted by SON at 22:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 債券投資にチャレンジ
2008年04月07日

債券投資の特徴

------------------------------------------------

あなたは貯蓄力に自信がありますか?
リーマンインテリジェンスからあなたへの挑戦状
→ マネーセンス検定〜貯蓄編〜
Sランクが出せるかな?

------------------------------------------------

債券の特徴について考えてみましょう。

まず債券といえば固定金利の金融商品だということ(例外として変動金利型債券もありますが・・・)

債券は固定金利で利息が毎年支払われ、満期時には決められた金額が投資家に変換される安全度の高い金融商品という位置づけにあります。

しかし、前回の記事でも書いたように投資家が時価で売買することができる金融商品であるという面もありますので、金融情勢によって値上がりしたり値下がりしたりする価格変動リスクがある商品ということも忘れてはいけません。

債券は固定金利の商品ですから高金利の時に購入しておくと有利になります。
償還期限まで保有しても高金利の利息を受け取ることができますし、金融情勢の変化によって低金利になった場合に高金利で購入している債券の価格が上昇することが考えられるからです。

価格が上昇していれば換金して売却益を受け取ることができる可能性もあります。
逆に低金利時に債券を購入する時は注意が必要です。

低金利で固定金利商品を購入すると長期間低金利の利息を受け取ることになりますし、金融情勢の変化により高金利になった場合、低金利の時に発行された債券は値下がりすることが考えられます。

何かの事情で債券を換金する必要が出たときに価格の低下している債券では売却損がでる可能性もあります。

債券投資には興味がないと考えている人も多いかもしれませんが投資信託などの金融商品には債券を組み入れているものが多くあります。
気が付かないうちに債券に投資している可能性もありますね。


☆ブログランキングに参加しています。
応援ポチよろしくお願いします♪  😃 
  ↓           ↓
にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ 
posted by SON at 22:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | 債券投資にチャレンジ
2008年04月03日

債券とはどんな金融商品

------------------------------------------------

あなたは貯蓄力に自信がありますか?
リーマンインテリジェンスからあなたへの挑戦状
→ マネーセンス検定〜貯蓄編〜
Sランクが出せるかな?

------------------------------------------------

投資商品を考える上で株式投資とならんで代表的な金融商品として債券があります。

さて債券ってどんな金融商品なのでしょうか?

債券は一言でいってしまうと借用証書のことになります。
お金を借りたいと思っている国や企業が債券を発行し、それを投資家に販売します。

代表的な債券として国が発行している国債があります。

債券には償還期限(借金返済の期限)や利率(毎年支払われる利息)が明示されているわけです。

とはいえ債券が普通の借用書と同じと言うわけではありません。
債券の特性として換金が自由にできる商品だということが上げられます。

債券を発行している国や企業は償還期限までお金を返す必要がないのに債券が自由に換金できるのは何故でしょうか?

それは、その債券を欲しがっている別の投資家に売却して換金するということなのです。
つまり債券には投資家が売買できる市場が存在し、そのときの時価で取引されている流通している金融商品という特徴があるのです。

☆ブログランキングに参加しています。
応援ポチよろしくお願いします♪  😃 
  ↓           ↓
にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ 
posted by SON at 22:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | 債券投資にチャレンジ
みんなの節約記事をチェックする♪わーい(嬉しい顔)→ 節約トラコミュ
AX