2007年11月04日

教育資金を準備しよう

子どもの教育費には

学校の入学金や授業料といった幼稚園から大学まで学校に直接かかわる学校教育費

学習塾や家庭教師など習い事費用などの家庭教育費があります。

最近の傾向としては家庭教育費が高まっている傾向があります。

学校教育費も私立か公立の違いで大きく変わってきます。また大学在学中に下宿など自宅外通学を選択すると年間100万円程度の費用が上積みされることも覚悟しておかなければなりません。

そんな大きな資金である教育資金ですから早目の準備が大事です。

教育資金を準備するのに長期的な積み立て方法として
学資保険やこども保険のような保険商品で準備する方法と一般財形貯蓄や教育積み立て貯金などの積み立て商品を利用する方法があります。

また準備できる資金にも限界がありますので、子ども2人が同時に進学ということもありますと国の教育ローンや民間の教育ローン、財形教育融資制度、奨学金の活用といったことも考えていかねばなりません。




ラベル:教育資金
posted by SON at 23:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 教育資金 | 更新情報をチェックする

2007年11月01日

教育プランと教育資金

子供の大学進学率が5割り近くになっている現代社会
一般家庭における教育費用の負担が増してきています。

海外留学も一般的になりつつあり大学だけではない進路の選択の幅も広がりをみせてきています。

さて、このような現代社会のなかで子供たちの希望する進路を進ませてあげるのに必要な資金ってどれくらいになるのでしょうか?

子供に
「あの私立大学で勉強したいんだけど」

なんていわれても
「お金の準備ができてないから国立以外は行くな」

とは言いたくないですよね。

子供の希望はそのときまで分かりませんがある程度の将来を予測して出来るだけ早い時期に準備にとりかかるべきです。

大学へ進学すれば4年間は授業料の負担があるわけですし、その費用は大きなものになってきます。

教育資金には学資保険や子ども保険財形貯蓄による積み立て、資金が不足したときには教育ローンの利用について調べておくことも重要になってきます。
posted by SON at 23:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 教育資金 | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。