2008年04月28日

株式投資の税金 配当課税とは

株式投資にももちろん税金がかかります。

儲かった場合ですけどね。
株式投資の収入といえば配当金(インカムゲイン)と値上がり益(キャピタルゲイン)です。

原則は20%の税金がかかるのですが配当金にかかる税金は平成21年3月までは10%の優遇税制が適用されているようです。
値上がり益についても10%の優遇税制が適用されていますがこちらは平成20年12月までのようです。
(*時期については違っている可能性があるので注意してね)


他の金融商品が20%の税金なのに株式投資は期間が決まっているとはいえ10%というのはかなり優遇されている感じがしますね。


配当金にかかる税金は源泉徴収されますので確定申告は不要です。
確定申告したほうが有利な場合は確定申告できます。
その時は総合課税の扱いとなり、税額控除として配当控除を受けることができます。

次は値上がり益にたいする税金ですね。


ラベル:配当課税
posted by SON at 20:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 株式投資も勉強しよう | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。