2008年04月16日

外国債券の種類

債券には国内の債券だけではなく外国の債券もありますね。
では外国の債券つまり外国債券にはどんな種類があるのでしょうか?

債券の発行者、通貨、発行場所のどれかが海外であればその債券は外国債券ということになります。

では外国債券の種類を見ていきます。

外貨建て債券は発行場所が海外、海外の発行者、通貨が外貨の債券です。
場所、発行者、通貨の全部が海外ということですね。

サムライ債は外国法人が日本国内で円建てで発行している債券です。
場所と通貨は国内ですが発行者が外国法人です。

ショーグン債は外国法人が日本国内で外貨建てで発行している債券です。場所は国内ですが発行者と通貨が海外になります。

デュアルカレンシー債は債券の購入金額の払い込みは円建て、利払いも円ですが償還金は外貨で支払われるという債券です。
償還金には為替リスクが発生することになりますね。

リバースデュアルカレンシー債は債券の購入金額の払い込みと償還金の受け取りは円ですが利息の払い込みは外貨という債券です。
元本には為替リスクがありませんね。

ひとことで外国債券といってもいろいろな種類がありますね。
外国債券を購入するならどんなことに注意すればいいのでしょうか?

それは次回にもちこしますね。
ではまた!!


ラベル:外国債券
posted by SON at 01:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 債券投資にチャレンジ | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。