2008年03月31日

外貨預金の為替リスク

外貨預金にはいくつかのリスクがあります。
そのリスクの中の1つ為替リスクとはなんなのでしょうか?

よくニュースで円安、円高といった内容の話がでてきます。
アメリカの通貨1ドルに対して今、円がいくらで取引されているかということなのです。

外貨預金の場合は基本的に円を外貨(ドルやユーロ)に交換して高い金利で運用し最終的に円に戻すわけですが、円を外貨に交換した時が円高で外貨から円に戻した時に交換した時よりも円安になっていれば金利に関係なく元金が増えることになります。
これを為替差益といいます。

たとえば、1ドル=100円の時に100万円を米ドルに交換した場合は
100ドルになります。
円に戻す時に1ドルが110円になっていたら100ドルは110万円になります。金利に関係なく元金が10万円も増えてしまいましたね。
この10万円が為替差益ということになります。

逆に円を外貨に交換する時が円安で元に戻す時に交換した時よりも円高になっていれば元金が減ってしまいます。
これを為替差損といいます。
たとえば、1ドル100円の時に100万円を米ドルに交換した場合は
100ドルです。
円に戻す時に1ドルが90円になっていたら100ドルは90万円ということになります。
元金が10万円も減ってしまいましたね。
この-10万円が為替差損ということのなります。

このように為替レートの変動によって元金が増えたり減ったりすることを為替リスクといいます。

つまり外貨預金は預金という名前はついていますが元金保証の商品ではないということです。

今では低手数料のFXがかなりメジャーになってきたこともあり外貨預金の魅力がかなり薄れてはきていますが、普段から取引のある銀行で外貨投資できるという手軽さはまだありますね。

FXをはじめるならセントラル短資FXが安心、安全でいいですよ。マニュアル本も無料でもらえますし、WEBセミナーも多くて勉強もできますからね。



posted by SON at 21:45| Comment(1) | TrackBack(1) | 外貨預金 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はじめまして、ボブです。
「為替リスク」でTBさせて頂きました。
ありがとうございます。

応援ポチっ
Posted by オフショアボブ at 2008年04月23日 14:01
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック

為替リスク
Excerpt: オフショア投資は外貨建てですので為替リスクを考える必要があります。 一応為替リスクを説明しますと、例えば、 100ドルのオフショア金融商品を、1ドル=100円の相場で買ったとします。 この時の投資額は..
Weblog: オフショア投資!素人の資産運用日記
Tracked: 2008-04-23 13:56
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。