2008年03月11日

複利の計算方法

複利の計算方法は単利と違って利息の再投資期間によって少しずつ変わってきます。

複利の計算式は
満期時の元利合計=元本X(1+利率)n乗
このとき
1年複利なら利率は年利率、nは年数になります。
半年複利なら利率は年利率X1/2 nは年数X2
1ヶ月複利なら利率は年利率X1/12 nは年数X12

ということになります。
ちょっとわかりにくいので例です。
金融商品Bは年利率2%、半年複利の3年満期です。

金融商品Bに100万円分購入した場合は
満期時の元利合計=100X(1+0.02/2)3X2乗
        =100X(1.01)6乗
        =100X1.01X1.01X1.01X1.01X1.01X1.01
        =106万1520円
ということになります。

忘れてはいけないのが税金でしたね。
20%の税金が利息にかかるとすれば
満期時の元利合計=元本X(1+利率X0.8)n乗

ということになります。
また利息が再投資される場合は税金がかからなくて満期時に税金がかかる商品の場合は
満期時の元利合計=元本+{元本X(1+利率)n乗-元本}X0.8

ややこしくなってきましたが
利率や再投資期間が同じ条件の場合は税金が満期時の受け取り時にしかかからない商品の方が有利になるということは覚えておいた方がいいかもしれませんね。



ラベル:計算方法 複利
posted by SON at 22:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 金利のしくみ | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。