2008年02月27日

日銀の支払準備率操作とは

銀行には準備預金制度というものがあります。

準備預金制度は銀行の預金残高の一部を日本銀行に預けておかなければならないという制度で預けておく割合を法定準備率といいます。

この法定準備率を変更することを支払準備率操作というのです。

日本銀行が法定準備率を引き上げると銀行は今よりも多くのお金を日本銀行に預けておかなければならなくなり運用や貸し出しにまわすことができるお金が減ってしまいます。

銀行が貸すことのできるお金の量が減っているわけですから資金が不足傾向ということになり金利が上昇しやすい状態になります。

逆に法定準備率が引き下げられるということは銀行は今までよりも少しのお金を日本銀行に預けるだけで済みますから運用や貸し出しにまわすことのできるお金が増えるということになります。

銀行は今まで以上にお金を貸し出すことができるわけですから資金が余剰傾向になり金利は低下しやすい状態になるというわけです。

日本銀行の金融政策の中の支払準備率操作ってどんな意味があるのかってくらいはわかりましたね。

お金の需要と供給のバランスを操作して金利が操作できるということになるのかな。


posted by SON at 00:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本銀行の金融政策 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。