2008年02月11日

企業物価指数CGPIと消費者物価指数CPI

企業物価指数CGPIは企業間で取引される商品の価格に焦点をあてた指数で日本銀行が作成しています。

企業物価指数は商品の属性によって
国内企業物価指数、輸出物価指数、輸入物価指数の3つの指数があり、国際商品市況や為替により影響をうけることから消費者物価指数よりも変動が大きいという特徴があります。

消費者物価指数CPIは一般消費者世帯を対象に消費目的で購入される商品やサービスについて全般的な物価水準を調べる目的で総務省が作成しています。

さて企業物価指数と消費者物価指数、日本銀行と総務省の違いは覚えて起きたいところですね。


posted by SON at 22:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 経済指標の特徴 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。