2008年02月07日

景気動向指数と景気DI

日本の景気は今上昇局面なのか?
それとも下降しているのか?横ばいか?


景気の状態を判断するのに景気動向指数は使われます。
景気動向指数は生産、投資、労働、消費などの29の代表的な経済指標を統合して景気の現状把握、将来の予測をするための総合的な景気指標で内閣府が発表します。


経済指標には景気に先行して動く先行系列、景気に一致して動く一致系列、遅れて動く遅行系列に分類されていてそれぞれ、先行指数、一致指数、遅行指数を算出します。
この指数を景気DIと呼びます。

景気DI=(プラスの指標数+横ばいの指標数*0.5)/採用指標数 *100
で計算できます。

現状の景気を判断する場合は一致指数を求めます。
一致指数が50%超なら景気拡張局面
50%を下回れば景気後退局面
50%であれば景気の転換点と判断します。



posted by SON at 00:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 経済指標の特徴 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。