2008年01月20日

リタイアメントプランニングの手順

老後の生活設計は早いうちから考えておくことが大事だということが分かってきたところで

老後の生活設計はどんなことからはじめればいいのでしょうか?

1、まずは現在の家計、収支や貯蓄状況を把握する。
退職時の貯蓄額、退職金額、公的年金、加入している個人年金や終身保険、養老保険の確認をしていきましょう。

2、リタイア後の生活設計を考える。
現在の生活費を元に退職後の生活費を見積もっていきます。
住まいやリタイア後の夢の実現、子どもへの資産譲渡の計画など

3、キャッシュフロー表を作成して貯蓄の推移をみる。
老後の貯蓄額や収支の推移をみていきます。
キャッシュフロー表をみていき問題点などを分析検討していきます。

4、医療保障や死亡保障をチェックする
老後の医療保障が充分されているか死亡保障は充分なのかを確認していきます。

5、収入が不足する場合の対策など問題点の検討改善と資産運用などを考える
現在の家計の見直しを行い支出を減らし貯蓄や積み立ての運用を考える。またそれでも収入が足りないのであれば定年後も働くことを考えていく。


順序だてて老後のことを考えていけば老後の生活設計が見えてきます。
早めに老後のことを考えておくことで定年後に働くのか働かなくてもよいのか、を選択することも可能になってくるということですね。

 


posted by SON at 23:45| Comment(1) | TrackBack(1) | 老後の生活設計 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ただいま個人的にブログ応援活動してます。
応援ポチッ!
Posted by コジロー at 2008年01月22日 19:37
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック

負けても勝ち組w
Excerpt: てぃん★てぃんシゴきまくってもらって5諭吉くれるってどんだけww パチ屋行く前の軍資金集めの定番になってしまったw
Weblog: ドンパッチ
Tracked: 2008-02-16 16:36
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。