2008年01月16日

リタイアメントプランニングの必要性

退職後や老後の生活設計をリタイアメントプランニングといい3つのテーマがあります。

1、リタイアメント後の生き方を考える。
2、老後の生活費はどれくらい必要で、どのように用意するのか
3、病気や介護が必要になった場合の医療保障、介護保障をどうするのか

この3つのテーマがあり
それぞれ、老後の生きがい、老後の生活資金、老後の健康について具体的にプランを作成していくことがリタイアメントプランニングの意義だといえます。

現在は超高齢化社会といわれ公的年金だけを頼りに老後生活を不安なくすごすというのは難しくなってきています。
長生きのリスクに対する備えが重要な時代になったということです。


posted by SON at 22:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 老後の生活設計 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。