2008年01月08日

個人年金保険の種類

国民年金や厚生年金は受け取れる金額が徐々に目減りしたり受け取れる年齢が上昇して正直なところ不安がないとはいいきれません。

そんな公的年金だけに頼るのではなく個人的な努力で公的年金を補完する意味で私的年金は重要な意味を持っています。

個人年金保険は払い込んだ保険料を一定期間運用し運用期間経過後に決められた年齢から毎年年金を受け取れる商品です。
年金を受け取る期間も5年や10年、終身などさまざまです。

個人年金には大きく分けて保険型と貯蓄型があります。
保険型の個人年金には一生涯受け取ることができる終身年金と一定期間受け取ることができる確定年金や有期年金、夫婦のどちらかが生きていれば受け取ることができる夫婦年金があります。

貯蓄型の年金との違いとして終身年金があること、死亡保障、医療保障を付加できることなどがあります。

また一定要件を満たせば保険料が所得控除を受けられるメリットもあります。


ラベル:個人年金
posted by SON at 23:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 私的年金 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。