2007年12月28日

企業年金とは

企業年金とは公的年金を補完するものとして各企業が従業員の老後の所得保障を目的に企業内に設けている年金制度のことです。

よくいわれる年金のたとえで
国民年金は一階部分
厚生年金、共済年金は2階部分
企業年金は3階部分といわれています。

主な企業年金として厚生年金基金、適格退職年金、自社年金、中小企業退職金共済制度、確定給付企業年金、確定拠出年金などもあります。

確定給付型と確定拠出型の違いはしっかり抑えておきたいところです。

今後の公的年金の額がどうなっていくのか不安があるところです。
その不安を少しでもうめるのに企業年金は重要度を増してくるところですね。


ラベル:企業年金
posted by SON at 21:56| Comment(0) | TrackBack(0) | その他の年金制度 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。