2007年12月25日

障害厚生年金とは

障害厚生年金は障害基礎年金に該当する1級、2級の障害が生じた際に障害基礎年金に上乗せして支給されるのですが厚生年金保険の被保険者期間中に初診日があるという条件がついてきます。

そして、障害厚生年金には障害基礎年金にはない3級や障害手当金(共済年金では障害一時金)があります。

障害厚生年金の金額は
1級、2級の場合は障害基礎年金額と配偶者の加給年金額も加算されて同時に支給されます。

1級年金額は障害厚生年金額X1.25+配偶者加給年金額
2級年金額は障害厚生年金額+配偶者加給年金額
3級年金額は障害厚生年金額

ということになります。



ラベル:障害厚生年金
posted by SON at 23:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 公的年金制度とは | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。