2007年12月23日

年金を受け取るには

年金を受け取る権利
受給権が発生すれば年金を受け取ることができます。

ただし・・・

受給権の確認と給付の請求を行わなければ年金は受け取ることができません。

つまり

待っているだけではダメなのです。
うっかり年金を受け取るのを忘れていたら、早く手続きをしなければなりません。

それは5年の時効があるからです。
5年前までしかさかのぼって請求することが出来ないのです。

受け取る段階までせっかく長い年月払い込んできた年金です。
うっかり忘れで無駄にしないように気をつけましょう。



ラベル:年金
posted by SON at 00:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 公的年金制度とは | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。