2007年11月15日

カードローンの利率に注意

銀行などで利用目的別に借りる目的別ローンと違い
カードローンは使用目的に関係なく貸付限度額内であればATMや現金自動支払機(CD)を利用して手軽に現金を引き出すことができます。

カードローンは手軽に現金を引き出す手段として非常に便利な面はありますが自分自身の返済能力をしっかりと考えて利用することが大切です。

手軽な分気が付いたら返済能力をオーバーしていたということも起こりやすいので注意が必要です。

利用目的に制限がないローンを無目的ローンと呼びます。

カードローンには銀行、信販会社、流通関係会社などが発行しているクレジットカードや消費者金融会社などのカードがあります。

カードローンはカード発行機関によって融資条件がかなり違っていることがありますので十分注意が必要です。


ラベル:カードローン
posted by SON at 00:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 住宅ローン以外のローン | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。