2007年11月13日

住宅ローンを見直そう

住宅ローンはほとんどの場合が20年以上の長期になります。

ローン返済をスタートした時期から数年も経てば経済環境も変わってきますし家計の収支や貯蓄状況も変化してくることだと思います。

またローンの金利状況も変化してきていることでしょう。

そんな家計を取り巻く状況を整理して再度住宅ローンを見直すことができれば大幅に家計が改善されることもあるのです。

住宅ローンの見直しといえば
・繰上げ返済
・条件変更
・借り換え

住宅ローンの繰上げ返済とは返済中の住宅ローンを予定とは別に元金を多く返済することです。
一定のまとまった資金を返済することで返済利息を減らすことができるというメリットがあります。
繰上げ返済には返済期間短縮型と返済額軽減型があり
利息の軽減効果は返済期間短縮型の方が大きくなります。

住宅ローンの条件変更とは
当初住宅ローンの返済方法や返済月額、期間といった借り入れ条件を返済途中で変更することを言います。

金融機関によっては特定の条件変更を受け付けていないこともありますので必ず金融機関に確認を取ってから検討を行いましょう。

住宅ローンの借り換えとは
金利の高い時期に固定金利で組んだローンを低金利の住宅ローンに借り替えたりすることで安くなった金利で返済額が小さくなることがあります。

注意が必要なのは住宅ローンを借り替えるということは最初に住宅ローンを借りた時と同じように住宅ローンを借りる際に発生する諸費用がかかります。

住宅ローンの諸費用は小さい額ではありませんおで金利返済分の軽減効果だけでなく諸費用を合わせてメリットがあるのかどうかを考えていかなければなりません。


posted by SON at 00:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 住宅取得プラン | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。