2007年11月07日

住宅取得の自己資金

マイホーム購入か賃貸か・・・

どちらが得なのかどうかはその人の価値観によるのかも知れませんが

マイホームを購入するぞって決意するからにはそれなりの準備というものが必要です。

現在は不動産価格が下落し、サラリーマンの終身雇用が終わりを迎えた時代です。

そういう時代だということを充分に考慮した住宅取得プランが必要です。

さて、マイホーム購入となるといったいいくらくらいお金を用意するべきなのでしょうか?

よくいう頭金だけ用意すればいいと思っていませんか?

多くの金融機関は購入価格の80%までしか住宅ローンとして融資してはくれません。残りの20%が頭金ということになります。

じゃあ自己資金は20%でいいのかというとそうではありません。
住宅取得には税金やローン保証料など諸経費が5%程度かかります。

さらに引越し費用や新しい家具の購入などを考えると・・・

30%くらいは自己資金の目安として用意しておきたいところですね。


posted by SON at 00:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 住宅取得プラン | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。