2007年11月01日

教育プランと教育資金

子供の大学進学率が5割り近くになっている現代社会
一般家庭における教育費用の負担が増してきています。

海外留学も一般的になりつつあり大学だけではない進路の選択の幅も広がりをみせてきています。

さて、このような現代社会のなかで子供たちの希望する進路を進ませてあげるのに必要な資金ってどれくらいになるのでしょうか?

子供に
「あの私立大学で勉強したいんだけど」

なんていわれても
「お金の準備ができてないから国立以外は行くな」

とは言いたくないですよね。

子供の希望はそのときまで分かりませんがある程度の将来を予測して出来るだけ早い時期に準備にとりかかるべきです。

大学へ進学すれば4年間は授業料の負担があるわけですし、その費用は大きなものになってきます。

教育資金には学資保険や子ども保険財形貯蓄による積み立て、資金が不足したときには教育ローンの利用について調べておくことも重要になってきます。


【関連する記事】
posted by SON at 23:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 教育資金 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。