2007年10月30日

キャッシュフロー表の分析

キャッシュフロー表は作成するだけでは意味がありません。

キャッシュフロー表から読み取れる内容を分析し解決、改善策を提案する必要があります。

まずキャッシュフロー表の分析を行うポイントとして

・10年後、20年後の年間収支と貯蓄残高をチェックする
・収支や貯蓄残高が継続的にマイナス傾向になっていないか
・問題点に対しては家計の見直しや合理化で改善策を考える

収支がマイナスの場合でも
・単発的に収支がマイナス
車の購入など一時的な大型支出の場合家計の合理化や見直しで解決、また資産運用についての検討で対応する

・断続的に収支がマイナス
子供2人、3人と同時期に高校、大学の進学が重なったりする場合によく見られます。
事前の教育資金の準備として子供保険や積み立てなどの検討を行います。

・継続的に収支がマイナス
収入と支出が逆転してしまっています。
支出を抑える抜本的な改善策を検討していきます。

改善策としては
・家計の合理化による改善策
・ライフプランを変更する
・収入をアップのため、定年後の再就職や配偶者が働きに出るなど
・積み立て、貯蓄の取り崩し、ローンを組むなど
・金融商品の運用益でカバーする

基本的には収入を増やすか支出を減らすかの対策になっています。
出来ることなら収入を増やして対策したいですね。

FXのように自分でリスクをコントロールできる金融商品は使い方さえ覚えるとキャッシュフローの改善に強い見方になってくれそうです。

あなたのキャッシュフローは大丈夫でしょうか?
私は・・・

まだまだ改善が必要なようです。
がんばりましょう。


posted by SON at 00:05| Comment(0) | TrackBack(0) | キャッシュフロー表の作成 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。