2007年10月22日

年収と可処分所得の違いは

「あなたの給料はいくらくらいありますか?」

と聞かれたら
あなたはどうこたえるでしょうか?

給料の総支給額を答えますか?
それとも
「手取りで○○万円」

みたいに答えますか?

よく年収500万円とか1000万円とかいいますが
この年収というのは所得税や住民税、社会保険料がまだ引かれていない額をいいます。

つまり、私達が実際自分で手に出来るのは年収の価格ではありません。
税金や社会保険料を差し引かれた額

これを可処分所得といいます。簡単に言えば手取り額です。

FPが収支のシミュレーションを行うに場合はできるだけ計算を簡素化するために可処分所得を使います。


ラベル:可処分所得
【関連する記事】
posted by SON at 01:13| Comment(1) | TrackBack(0) | 可処分所得とは | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
SON様。おはようございます。
コメント有難うございました☆
社会保険料↑で、可処分所得↑ではないですね…。
1番高いのが厚生年金保険料。
将来もらえないかもしれないのに…汗
今日から1週間、お互いお仕事も頑張りましょう☆
Posted by ニモ凜 at 2007年10月22日 06:59
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。