2016年01月27日

家政婦に全遺産・・・あきらかに作戦ミス

家政婦に遺言で全遺産を渡すということで
もめていたのがニュースになっていました。

「家政婦に全遺産」遺言有効 3000万相当持ち去った実娘2人敗訴


この場合どう考えても作戦ミス
誰も助けてあげる専門家がいなかったのかと思います。


ニュースでは家政婦側の勝訴になっていましたが
きっとこのあと遺留分のことで第二ラウンドが始まるのではないかと思います。


親族には遺言書にどう書かれても
最低限請求できる権利として遺留分というのがありますからね。


だから誰かに全財産あげたいと思っても
この遺留分については最初から考えておく必要があるんです。


そうしておかないと
あとから結局もめるでしょ。


誰かと険悪な関係が続く心労を考えると
最初からそこらもしっかり整理して遺言書を作りたいところですね。


もし・・・
あなたのお父さんが

愛人に全財産を渡すと遺言書を書いて
亡くなったとしたら


あなたのお父さんに限ってそんなことはないでしょうけどw
もしもの話として考えてみてくださいね。


あなたが住んでいる家がお父さん名義かもしれませんし
家族の生活費の入れてある通帳がお父さん名義かもしれません。


すっごく困りますよね。


そういう時に遺留分というのが効果を発揮するわけです。
全部持っていかれないように


感情論だけで遺言を書いてしまうと
落とし穴をついて後から裁判になったりすることがあるので


遺言書は専門家に頼むのが良いと思います。


あなたに専門家が必要かどうかは
2月にやる勉強会で


誰が相続人になるのか?
をやりますので是非ご参加ください。


難しい話は置いといて
あなたが本当に知っておく必要がある話を前面に出していきますので
お楽しみに(^-^)

詳細は
→ あなたの常識は相続の非常識~遺産相続人は誰だ~




posted by SON at 12:32| Comment(2) | TrackBack(0) | FP勉強日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ご無沙汰しております。
ブログラムのmasaです。
早いものでもう1月もおわりです。
恵方巻きの予約が始まっていますね。
今週から急に雪が降るなど、寒くなってきました。
お体を冷えないように血行を良くしてお体をお大事にしてください。
Posted by masa(ブログラム) at 2016年01月28日 05:31
>masaさん
いつもありがとうございます!!

美味しい恵方巻をたべて寒さを乗り切りましょう!!
また訪問させていただきますね
Posted by FPson at 2016年02月01日 12:41
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。