2015年03月18日

新しいことにチャレンジする気持ちを作る方法

先日の話ですが
脳科学者の茂木健一郎さんの講演を聞く機会がありました。

あのアハ体験、アハ動画といったおもしろ映像で
TVでもお馴染みの方です。

前々から勉強のあり方についての考え方に
すごく共感できるところがありましたので
いい機会に巡り合えたなと思っていました。

この講演でも教育について
といった堅い堅いガチガチした部分もあったのですが


概ね楽しく面白い話題の中に
きらりと光るポイントを話されていまして


うちの勉強会でも
これほどのクオリティーはすぐには無理にしても
目指してはいきたいなと思ってしまいした。


まあ、それは置いときましてw


この話の中で
「なるほどな~」
と思った部分は多々あった中で


新しいことにチャレンジしたいなら
何が必要なのか?


という部分を紹介しておきます。


新しい事にチャレンジするというのは
ものすごく脳が活性化するそうで
ドーパミンが放出されるそうです。


子供は出会うことすべてが
初めての場合が大人に比べて多いので
脳が活性化しているのだそうです。


大人は意図的に新しいことを作って行かないと
子供みたいな新鮮さを感じないのでしょうね。


で・・・
チャレンジしようという気持ちになるためには
何が必要なのかという部分ですが


それが脳の中の『安全基地』と表現されていました。
安全基地がたくさんあるほどチャレンジがうまれるそうです。


小さな子供には絶対的な安心感を与えてあげる環境を
作ってあげることで安全基地は作られていく


大人は人とのコミュニケーションが上手くとれているほど
安全基地が作られていくそうです。


上手なコミュニケーションというのは
コミュニケーションのバランスシートがとれている状態


バランスシートとは貸し借り
話を聞いてあげるということは1つ貸しを作っている
だからいつも話してばかりだと


バランスが崩れていますよ。
ということだそうです。


まあ、もっと奥の深い話だと思いますが
簡単に♪


つまり孤独に何かを打ち込んでいるよりも
多くの人とコミュニケーションをとっていて
さらに借りっぱなしになっていない状態の人ほど


新しいことにチャレンジしようという気持ちになるそうです。


まあ、私が聞いて文章にしていますので
伝言ゲームみたいになっていると思いますから


興味ある方は
ご本人の講演などに参加されることをおすすめします。


新たなチャレンジが自然に生まれてくるような
そんな環境作りができると面白いかもしれませんね♪


★お知らせ

2015年3月度 貯蓄力養成勉強会
通帳を見るのが楽しくなる~自然に貯まる家計管理術~

人生の大きなイベントには決まって
お金が必要です。
コツコツ貯める秘訣を

貯金が得意な人から教えてもらいましょう。
衝動買いすら怖くなくなる貯蓄術をお伝えします♪

詳細はリーマンインテリジェンスへ
→ 通帳を見るのが楽しくなる~自然に貯まる家計管理術~



posted by SON at 12:42| Comment(0) | TrackBack(0) | FP勉強日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。