2014年05月28日

離婚したほうがややこしくなるお金の問題

離婚話が続いてるので
せっかくだから離婚することで


余計にややこしくなるお金の話・・・


一度離婚を決意するともうさっさと離れたい
と思うのは誰もが思うことかもしれませんが


そういう時こそ
一度頭の中を冷静にリセットして考えて欲しいと思います。


特に家を買った人・・・


夫婦共働きの場合で
両方の収入から住宅ローン控除を得るために
家を夫と妻の共有にしている場合


離婚しても共有のままですからね~(^_^;)


夫が家を出て行っても
住宅ローンが残っていれば支払いは必要ですし


夫が払うのをやめてしまえば
妻が連帯保証になっていれば全部の請求が来てしまいます。


また・・・
夫はきちんと支払っていたとしても
突然亡くなってしまった場合
(これは6月の勉強会でも相続トラブルとしてでてくる話)

夫名義の財産は相続されることになります。
誰に相続されるかわかります?
別れた夫の家族がどうなっているのか???


もしかしたら
相続した人が自分の取り分を請求してくることもありますよね。


『家の8分の1は私が相続しました!!』
とか知らない人からいきなり言われても・・・


夫婦共有の財産として不動産を持ってる時は
要注意なんですよね。


たとえ共有名義じゃなくても
妻が夫の組んだ住宅ローンの連帯保証人になっていれば


夫が「支払いやーめた」
となった瞬間
妻に請求がきてしまいます。


離婚していたとしても関係ないです。


離婚する時
特に家を買ってしまっている人は


離婚する前に家などの不動産の処分をどうするのか
じっくり話し合って決めた方がいいですよ。


もちろん専門家を交えて
後からトラブルになる落とし穴を作らないように
気をつけましょう♪


☆お知らせ

大増税対策勉強会
倍増する相続税予備軍~先手必勝の相続対策

これからやってくる大増税について
知っておきたいこと
準備しておきたいことを
まとめた勉強会をします

税理士、司法書士の先生が大事なポイントを
押さえた話をきけるチャンスです。

お気軽にご参加くださいね♪
詳細は
→ リーマンインテリジェンス 



posted by SON at 12:34| Comment(0) | TrackBack(0) | FP勉強日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。