2013年05月23日

有罪だけど助かった投資競馬の人

投資競馬で大儲けしてて
その儲けた分よりも大きな税金をかけられて話題になってた人


裁判の判決が出たみたいですね。


脱税で有罪だけど
ハズレ馬券を経費と認めてもらえたみたいです。


<外れ馬券>経費と認める初判断 脱税は有罪…大阪地裁


投資に関する税金の勉強会の時にも話題になったので
よく覚えてるんです。

条件が下記のようになってるとして
・当り馬券30.1億
・ハズレ馬券を含めた馬券全体の購入額 28.7億
・当り馬券の購入額 1.3億円
・収支は1.4億円の黒字


税務署の主張は
馬券を10種類買って1つだけ当りがでれば
経費として認められるのは当りがでた1つだけ

30.1億-1.3億(経費)=28.8億 ←これに税金をかけるよ!!



でも
投資競馬の人の主張は
馬券を10種類買って1つだけ当りがでても
残りの9種類もあたりを出す為の必要経費

30.1億-28.7億(経費)=1.4億 ←これに税金をかけるんじゃないですか?


ってことで裁判になってたんですね。


税金を払ってなかったので追徴課税を含めて10億円の支払いになるのか
どうかに注目が集まってましたが


脱税で有罪にはなったけど5000万円の支払いですんだということで
投資競馬の人はホッとしたのではないでしょうかね~


それにしても
税金って怖いですね~


仕組みくらいは知ってないと
後からえらいこっちゃです。


今年の経済の雰囲気を考えてみると
もう一回くらい税金の勉強会もした方がよさそうですね♪



☆お知らせ
5月25日に 住まい教育推進協会主催の
住育ワークショップが開催されます。

今回は住育の専門家と住まいのカラー&インテリアの専門家との
コラボセミナーです。

住まいの色が暮らしに与える影響をお話していただけます。

そろそろ暑い季節になりますし
部屋の雰囲気を一新するのにいいタイミングかもしれませんね

興味ある方はこちらから申し込みできますよ♪
→ 住育関西 ワークショップ



posted by SON at 13:29| Comment(0) | TrackBack(0) | FP勉強日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。