2013年02月25日

子供の学費を甘くみてると痛い目に

学習塾が少子化でも最高益というニュースがでています。

大学受験、高校受験、中学受験・・・
小学校のお受験もいれると


子供はずっと受験環境にさらされているわけです。


私の子供の同級生も多くの子が学習塾に通っているとのこと
親の気持ちとしては受験で躓いてほしくない
できるだけ希望の学校に入って欲しい


そういう思いから、失敗するくらいなら塾へ
という流れが加速しているのかもしれませんね。


我が家は現在、塾は通わせていませんが
月謝が高いだろうな・・・というイメージはあります。


小学校の時に中学受験を体験させたので
その時に通わせた進学塾の費用は・・・(泣)


危うく家計が破綻するところでした
「まともに受けてたら家計が破綻するな~」
って何度も言ってましたからね。


それくらい出費がかさむということです。
(いったいどれくらいやねん!!)


こどもが目指す学校があるなら親としては塾を考えるのもわかりますが


まあ、場合によっては覚悟してかからないと
ほんとに家計破綻ですからね。


こういうところからも
2極化は進んでいくのかもしれません。


厳しいとは思いますが現実です。
もし、お受験や中学、高校に難関校などを考えているなら


学校にかかる費用だけを計算していてはダメですよ。
ちゃんと受験対策費用を想定して考えて


家計が破綻しないように調整していきましょう♪
(中学受験なら・・・年間50~100万円くらいは余分に考えておく必要があるかな・・・私の経験上の話ですが・・・)


☆お知らせ
3月16日は住宅ローン勉強会を開催します。

前半は『住育』の専門家からのお話
後半は私が『住宅ローン破綻リスクを減らす3つの視点』
という内容でお話させていただきます。

ちょっとした投資も意味なくやってるわけではありませんのでね~

住宅ローンを組んでる人
またこれから住宅購入を考えている人に知って欲しい内容です。
興味ある方は是非ご参加くださいね♪

詳細は→ リーマンインテリジェンス





posted by SON at 12:38| Comment(0) | TrackBack(0) | FP勉強日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。