2012年06月18日

不動産投資の勝ち組と負け組の分かれ道

先日、スペシャル&シークレットな勉強会を開催しました。

その内容はまた後日、書くとしまして
勉強会後の懇親会にて


なるほど~と思った話を1つ紹介しておきます。


不動産投資というとイメージとして
土地やマンションを買って
値上がりしたら売り払って、価格が上がった分儲かる。


と思ってる人は・・・
まだいるのかな?


バブルの頃の不動産投資ってこんな感じだったのですが
バブル崩壊後の不動産投資は


少し雰囲気が違います。


最近の不動産投資は
マンションを買ったら、それを賃貸に出して
誰かに入居してもらって家賃収入を得る。


というものです。


買って、売って、儲けて終わり!!
という時代から、


入居者に長く安定して住んでもらい
長期間家賃の収入を得る時代に変わっているんですね。


そういうバブル崩壊後の時代背景で
不動産投資に取り組んだグループがいて


グループのメンバーが同じようにしっかりとした物件選びをし
同じようにスタートしていたにもかかわらず


今、明らかに成功している人と
苦しくて早く手放したい、解放されたい
と思ってる人に分かれてしまっているというのです。


その差はなんだったのか?
という話で盛り上がっておりました。


ここからは推測しながらの会話でありましたが
『オーナーの努力が足りない』


一言でいうとこういう表現をされておりました。


私は不動産投資をしていませんので
イマイチその一言だけではピンとこなかったのですが


助け舟(投資担当の吉田さん♪)登場です。


不動産オーナーが怖がってるのは
部屋が空室になること


だから、入居者が安心して長く住みたいと思えるような
環境を提供する必要がある・・・


というお話をしていただきました。


基本的な日常業務なんて管理会社が全部やってくれるものなのですが


ほんの小さな気遣い
夜中に給湯器が壊れたら


夜中でも修理するのか
朝までまって修理するのか


お金のことだけ考えれば
昼間に修理した方がはるかに安くなるのですが・・・


「夜中でも最速のスピードで修理してるよ」
と言っておられました。


そこはお金ではなく
住んでいる人が今の住居を快適だと感じてもらえるかどうか


というところに判断基準があるからなんですね♪


細かい話は色々ありましたが
そういうこと全般を


『オーナーの努力』
と言っておられたのだと思います。


投資=マネーゲーム
という考え方で


お金だけを見ている人と


結果的にかもしれませんが
人を見ている人の違い


もしかしたら答えはそこなんじゃないかな~


とそれは1つの予測ではありますが
私もそんな気がしてしまいました。


不動産投資ってなかなか奥が深いですね♪



posted by SON at 12:36| Comment(0) | TrackBack(0) | FP勉強日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。