2012年06月01日

わかりやすい比較~ギリシャと夕張

あっちこっちのニュースをチェックしていて
これはイメージとしてわかりやすいな~と思った記事がありました。


ユーロ圏の中でギリシャがなぜお荷物になってしまうのか?
日本で起こった夕張市の時との違いを比較することで


なるほどと思ってしまいました。

↓参考

http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPTYE85001N20120601?pageNumber=3&virtualBrandChannel=0


夕張とギリシャの比較の箇所以外は結構、個人的な意見が強いですね~。


それでも国が違って
そこに住む人の文化や気質も違っている状態で


通貨だけ統合してしまうのは
だんだんと歪みがでてくるものなんでしょうね。


ギリシャを救済するのに
ユーロ各国でもめてましたからね~


日本の中でどこかの市が財政破綻したら
国が救済に動くでしょうから・・・


確かにこのユーロのモメ具合は長引くような気がします。


日本と中国と韓国で通貨を統合しよう
なんてことが起こったとして・・・


仮に日本が破綻しそうになったら
中国や韓国は快く救済に動いてくれるのか・・・


そう考えると国を超えて
通貨を統合することって超えないといけないハードルが大きいんだなと思います。


ある意味ユーロはがんばってるんじゃないでしょうかね。


ふとそんなことを感じてしまいました♪


posted by SON at 12:36| Comment(0) | TrackBack(0) | FP勉強日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。