2011年10月21日

賃貸住宅の家賃を下げる方法

日々気ままに更新しておりますが


たまには節約思考な話をしれていきますので
よろしくお願いします。


私はよく住宅ローンを値切る話を
→ こっちのブログ

でしているのですが


それは持ち家派の人向けの話になります。


じゃあ、賃貸派はどうにもならないのか?


というと


そういいきれるものではありません。


でも、誰もが成功するというわけではありませんが
これを知っておくというのは大事なことです。


賃貸では決められた時に
契約の更新を行っていると思います。


その更新時期にあわせて


「毎月の家賃を下げてもらえませんか?」


という話をするということなんです。


管理会社か
もしくは大家さんと


『交渉する』


ってことですね。


これをしない限り
勝手に家賃が下がってしまうということは


ほとんどありません。


大家さんは安定して
入居者に住んで欲しいと思ってるわけです。


あなたが出て行ってしまうと
また新たな入居者を探さなければなりません。


これは面倒な話です。


ということは・・・


いつでも入居者が見つかるような立地では
交渉が難しくなることは予想できます。


じゃあ、その反対


他所にもっと条件のいい賃貸がゴロゴロあるのに
うちはちょっと家賃が高いんじゃないかな?


って言う場合には・・・


チャンスがあるかもしれませんね。


ここで注意が必要なのは
大家さんと関係を崩さないということ


お互いが気持ちよく住みたいもの
上手に交渉したいものです。





posted by SON at 12:31| Comment(0) | TrackBack(0) | サラリーマンの節約術 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。