2010年04月09日

死亡保険はどう考えればいい?

------------------------------------------------

あなたは貯蓄力に自信がありますか?
リーマンインテリジェンスからあなたへの挑戦状
→ マネーセンス検定〜貯蓄編〜
Sランクが出せるかな?

------------------------------------------------

生命保険ネタがたまってますのでどんどん更新していきますよ。
今日も前回からの続きになります。


死亡した時に受け取る保険金
死亡保障はどういう風に考えればよいのか?


それは、


あなたが亡くなったと仮定した場合
残された家族が現在の生活を継続できるかどうか
というところがポイントになっています。


残された家族に楽をさせてあげたい気持ちはわかりますが
そういう基準で決めてしまうと、大き過ぎる保障を求めてしまう
ことになります。
つまりは毎月の支払いも大きくなる。


基本は今現在の生活水準なのですね。


今現在の生活水準を知るということ
それはつまり


”自分のことを把握する”


ということにつながります。
はっきり言ってしまいますが、これが全てです。


細かく考え出すと色々でてきますが
大まかには
・家族構成 お子様の年齢、独立するまで何年か
 夫婦共働きかどうか。

・会社員or自営業
 会社員の場合、基本的に厚生年金に加入していますので
 自営業の方にはない保障をすでに持っている
 ということを知っておく必要があります。
 また定年もありますね。
 
・持ち家かどうか
 持ち家の場合、住宅ローンが残っていても団体生命保険に
 加入している場合が多いので死亡後の住宅ローンの支払いは
 考慮しなくてよくなります。
 賃貸の場合はそのまま家賃を計算に入れなければなりません。

・収入と支出
 毎年の収入と支出のバランスを知っておく必要があります。

・貯蓄残高
 どの程度貯蓄があるか


こういった項目は自分でなければわからないことなので
面倒かもしれませんが自分で調べる必要があります。


これらの項目をトータル的にシミュレーションして出てくる
金額があなたに必要な死亡保障ということになるんですね。

5月22日(土)10:00 〜11:30
大阪生涯学習センターにて
勉強会を開催します。今回は生命保険について深く学んでみようと考えています。
テーマは
生命保険 あなたの死亡保障 How Much

死亡保障について理解できていない価格に切り込んでみたいと思います。


生命保険について学びを得られるチャンス
是非ご参加ください。

→ リーマンインテリジェンスへ

ふ〜んなるほどね♪って思ったら是非是非コメントくださいね♪
えっ!!そんな時間がない・・・😞

じ、じゃあ、ブログランキングの応援だけでもポチッ〜ポチッ〜
えっ!!めんどくさい・・・😵

せ、せめて一個だけでも(汗)・・・お願いします。m(- -)m
  ↓           ↓
にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ 
posted by SON at 23:56 | Comment(2) | TrackBack(0) | 生命保険
この記事へのコメント
基本は今現在の生活水準・・・家族形態は刻々と変化するので常に今を把握しておかないといけない、と言う意味では家計簿は有意義かもしれないですね。
Posted by ちえ at 2010年04月10日 10:41
>ちえ さん
家計簿は大事ですよ。

家計簿がないとFPに相談してもきっといい結果なんて得られないと思います。

自分の家庭が健康かどうかは
家計簿をみないとわかりませんよ。
Posted by SON at 2010年04月10日 11:09
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
みんなの節約記事をチェックする♪わーい(嬉しい顔)→ 節約トラコミュ
AX
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。