2009年08月12日

つきあいで加入した生命保険その後

前回記事にてAさんの奥様がつきあいで加入した保険の話をしましたが今回は続きです。


Aさんが持ってきた保険屋の書類をみてみると
加入した保険はお子様が被保険者の60歳満期終身保険でした。


お子様が死亡した場合は死亡保険金がおりますが
途中で解約した場合は子どもが40歳前だと積み立てた金額は元本割れを起こす可能性の高い商品でした。


書類の中に解約返戻金の一覧表が入ってましたので何年後に解約すれば何万円みたいにすぐに計算できるようになっています。


Aさんの奥様はお子様の学費の足しにしたいということで5000円程度の積み立てをしようかなと考えていましたので
お子様の年齢から10年前後での解約が可能性として充分考えられます。


解約返戻金の一覧表をみてみると10年後の欄は・・・
元本をかなり下回っています。


これならタンス預金の方がマシというもの


あきらかにAさんの奥様の考えには合っていない商品だと思いました。


SONはAさんに聞きました。
「このセールスの方は本当に友達ですか?」


最近はよく学校行事などでお付き合いがあるようですが・・・


今回はAさんの奥様も条件について伝え方が足りない部分は多々あったのも事実ではあります。


そして保険屋さんは保険を売るのが商売なので売れれば何でもいいのかもしれません。


ただ、本当に友達なのであればAさんの奥様がどんな目的で積み立てしようと考えていたのか
それぐらいは保険屋さん側から聞くくらいしてもいいのではないのかなと思いました。


同じ終身保険でも満期を進学のタイミングにあわせた商品を選ぶという方法もあったと思います。


もしかしたら、自分が売りたい商品を売っているだけなのかもしれません。
ここらはSONの推測で書いてますけどね。


Aさんには
現行の保険商品を貯蓄重視型10年後程度で満期の商品に変更できないか確認してみてはどうかと言っておきました。


奥様のつきあいもあるでしょうからね。


AさんにはSONの意見として

保険にこだわるなら
貯蓄重視型のこども保険がおすすめ。(SONの好みです)


こだわらないなら
銀行の積み立て定期や財形貯蓄という方法もあります。
これなら元本割れはないですよとおまけに伝えておきました。


基本的に保険に加入するなら
自分の加入する保険を保険屋さんにまる投げしてはいけないと思います。


保険屋さんには自分の希望を細かくてもいいので徹底的に伝える。
その結果どんな商品を提案してくるかは
保険屋さんの腕のみせどころということではないかなと思います。


条件が少なければ保険屋さんは楽ですよね。
楽な相手に本気で取り組んでくれるかどうかは疑問です。


せっかく長い期間払い続ける保険に加入して安心を買うわけですから
できるかぎり自分の条件にあった商品を提案してもらいたいという姿勢を保険屋さんに見せる必要があると思います。


そうすると保険屋さんも本気でいい商品を提案してくれるでしょう。


それができない担当者なら・・・


おつきあいしするのかどうか判断する時だと思いますよ。


ラベル:生命保険
posted by SON at 23:20| Comment(6) | TrackBack(0) | 生命保険 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
なんというか・・・
仕事であれ、プライベートであれ、
人として誠実でありたいものですね。

故意で合わない商品を勧めたとは限りませんが、
友達ならばとことんニーズを聴くものだと思います。
Posted by プラスハートのけこぴです at 2009年08月13日 00:02
初めまして!!今晩は!

保険、という文字に反応しお邪魔しました。
突然の相談で申し訳ないが・・・

20年近く終身保険と取引してまして、4年ぐらい前に40万円程の貸付をしました。
最近担当の人から電話があり、現在の貸付を
失くす方法がある、新たに保険に入るような事を・・・ただし今より保険料が約2倍になるが
その分手当ても良くなり一年経てば減額してもよいと・・・

手短に言うとこんな感じですが表現分かりますでしょうか?

私が知りたいのは、どっちが得か?!ということなんですけどネ!!

スミマセン!!初めての訪問で・・・もし答えていただけたら嬉しいです!!
Posted by こいせ at 2009年08月13日 00:28
プラスハートのけこぴさん

商品を売りたいだけの人と
その人のためを思って提案している商品では内容が全然ちがってくると思うんですよね。

自分が納得できる説明をしてくれる営業マンに担当になってもらいたいですね。

友達ならなおさらだと思います。
Posted by SON at 2009年08月13日 20:38
こいせ さん

コメントありがとうございます。
思ったことを書いておきますがSONは保険のプロではありませんのでSONの意見が間違いの可能性もあります。どうしても気になるようなら最後に無料相談窓口を紹介していますので申し込んで見てくださいね。


保険屋が簡単に貸付してくれるのは
こいせさんが終身保険に積み立てしている資金の中からお金を貸してくれているからです。
元々は自分が積み立てしたお金だってことですね。

それを利子をつけて貸しているわけです。

保険の見直し自体はその人のライフプランが変化していく過程で行った方がよいと一般的には言われていますが・・・

さて借りたお金を返済する為に新しく保険に入りなおすという理由に
すでにしっくりきてないのですが

>現在の貸付を失くす方法がある

積み立てを行った自分のお金を保険に入りなおす時に借金分と相殺するのだと思います。
そうすることで借金はなくなります。

>新たに保険に入るような事を

もちろん20年前に加入した保険と今では保険料はかなり違ってくると思います。
30歳の人が加入する保険
同じ内容で50歳の人が加入すれば当然保険料はかなり高くなるでしょう。

>その分手当ても良くなり一年経てば減額してもよいと・・・

そもそも手当てを厚くする必要があるのか?
1年経って結局減額するくらいなら最初から減額してはどうか?


いろいろと疑問のある提案ではありますが・・・


金額的な損か得かといわれれば損だと思います。
保険に入りなおして高額になるならその分を借金の返済にまわすということも考えられます。

ただ、こいせさんの家庭の状況がまったくわからないので

こいせさんのことを考えて保険屋さんが提案してくれている内容なのか?

それとも単に条件が悪くなろうが
借金返済をエサに新たに保険に加入させようとしているのか?

そのあたりは判断できないですけどね。

よく考えて検討されてみてはどうでしょうか?

どうしても判断できなかったら
ご近所のFP協会の無料相談に申し込んで
保険屋さんから提案されている内容を詳細に伝えてみてはどうでしょうか?

普通にFPに相談すると相談料がかかりますからね。

東京・大阪
http://www.jafp.or.jp/consult/kurashi_fp/index.shtml

それ以外
http://www.jafp.or.jp/consult/area/index.shtml
Posted by SON at 2009年08月13日 21:11
こんにちは!!SON様

突然の訪問、相談でここまで答えていただきありがとうございます。恐縮です。
私もよく分からないので、無料相談など利用するなりしてよ~く考えてみようと思います。ありがとうございました。

今度はFXで相談に来ますね!!
Posted by こいせ at 2009年08月14日 11:07
こいせ さん

アドバイスになったかどうかわかりませんが
自分にとって必要かどうか

そこをよく考えるのがポイントですね。

FXの話は大歓迎です。

今後ともよろしくです!!
Posted by SON at 2009年08月15日 10:55
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。