2009年07月30日

外貨預金 落とし穴の本題へ

前回の記事で外貨預金には為替コストがかかってこれが結構な大きさなんだってことはわかってもらえたと思います。


で、今回はキャンペーン金利がどれくらい得な金利なのかということを考えてみようと思います。


キャンペーンによって金利が0.3%上乗せされて
オーストラリアドルの金利は通常1.95%から2.25%に変更されています。


今の日本の低金利を考えれば2.25%もあればすごいじゃないか!!
そう思う人も多いと思います。


だから為替コストを払ってでも外貨預金する人がいるわけです。


しかーし、


この2.25%はあなたが考えている2.25%ではないかもしれません。
これが外貨預金キャンペーンの落とし穴なんです。

よくみると
今回のキャンペーン金利が対象にしているのは
1ヶ月もの、2ヶ月もの、3ヶ月もの


この3種類です。
1ヶ月ものは1ヶ月後、
2ヶ月ものは2ヶ月後、
3ヶ月ものは3ヵ月後に満期が来ます。


そして満期がきたらキャンペーンは終わります。


銀行が提示している金利は基本的に1年間預けていた場合の金利を表示しています。しかも税引き前です。


なんかよくわからなくなってきましたか?


わかりやすいように100万円預けてるとして計算していきますね。
金利2.25%で1年間預けていた場合


1年後に受け取れる利子は22500円です。
まだ税金は無視しておきますね。


キャンペーン金利が適用されているのは
1ヶ月ものの場合は当然1ヶ月間だけなので


22500円÷12=1875円


普通に1.95%の金利が適用された場合は
19500円÷12=1625円 


差額は
1875円-1625円=250円


250円のお得、
税金が20%引かれますので税引き後で考えると
かける0.8して200円


つまり外貨預金キャンペーン1ヶ月ものに0.3%上乗せ金利に100万円預けた場合


利息として受け取る分は通常に比べて200円のお得ということになります。(計算間違ってないかな?)


最初にも書きましたが大きな為替コストを払って
200円のお得を取る商品だということになります。


実際はここから円安になれば為替コストを帳消しにできるかもしれません。


ただ、外貨預金など元本が保証されない金融商品を購入する場合は
たった200円お得なキャンペーンで焦って購入せずに


きちんと自分で納得したタイミング、計画した期間で購入するべきだと思います。


今回はちょっと計算が多かったかな?


わかりにくかったかもしれませんが
いいたいことは


キャンペーンはしっかりと内容を把握しないとダメですよってことでした。



ラベル:外貨預金
posted by SON at 21:55| Comment(4) | TrackBack(0) | 外貨預金 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
とても分かりやすい内容ですね。
なるほど・・・そういうことだったのか~
金利のマジックに嵌るとこでした。
今日はかなり勉強になりました♪
Posted by 共白髪 at 2009年07月31日 09:05
きちんと計算して解り易い説明有難うございます。結局200円・・・少なすぎて驚きです。ここから前回もにも説明されていた、換金手数料も取られるのでしょうか?為替差益が乗ってる時期が満期日だったらよいですが、そうでない時期が満期日だったらどうなるのでしょうか?換金する日のレートが適応されるのであれば良いのですが・・・
Posted by マキロン at 2009年07月31日 19:06
共白髪さん

あんまりキャンペーンだからお得ってことではないんです。

きっかけくらいにはなりますね。

Posted by SON at 2009年07月31日 23:28
マキロン さん

そうですね。

為替コストは換金するたびにかかりますが、満期日がきても円に戻さずに外貨定期、外貨普通を選択できますので

円安になって今ならチャンスって時まで資金を外貨のまま寝かす覚悟が必要です。

だから外貨預金の場合は基本的に、長期間預ける計画をたてておく必要があるんですね。
Posted by SON at 2009年07月31日 23:33
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。