2009年05月19日

苦しい家計簿を見たとき

家計簿をつけてて


「これがなくなったら楽だなー」
そう思う項目って・・・


全部かな?


まあ支出は全部なくなったら楽は楽なんでしょけど
生活している以上はそうもいきません。


賃貸なら家賃、持ち家なら住宅ローン
食費も節約はできてもゼロにはできませんよね。
黄金伝説の無人島暮らしじゃないんだから


サラリーマン家庭の固定費の中で
これがなくなったら助かるし
なくしても家庭の生活レベルには大きく影響しないもの


数年前にSONの家計がピンチになった時に見つけたんですよ。
それは


SONの小遣い・・・
これが無くなるとSONはつらいですが
家庭の生活水準にはそれほど影響はでません。


そうはいっても会社での付き合いはあるし
毎日休憩時間に飲むコーヒーは楽しみだし
会社帰りにぶらっと立ち寄る本屋で雑誌は買って帰りたいし


たまには子供たちにお土産も買って帰ってあげたい
お父さんですからね。


でも家計が苦しくなった時
これが一番なくなっても影響が小さい支出だったんですよね。


そう思って少しずつ小遣いを減らす工夫をっしていったんです。
出来るところまでは節約するぞって思いました。


SONの周りの人は給料が多ければ小遣いを多く要求し、給料が減ってもいつも通り要求し、


家計が赤字でも小遣いは住宅ローンの支払いと同レベルの重要度で受け取るものだと考えている人が多いです。


それでいいのかなって思ってました。
それじゃ節約思考はうまれないと思いませんか?

→ サラリーマンのコーヒー代節約術1 へ


ラベル:家計簿 節約思考
posted by SON at 02:27| Comment(2) | TrackBack(0) | サラリーマンの節約術 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
嫁さんから、いかにこづかいを獲得するかに知恵を絞っている身の回りの人、多くいます。
そんな知恵使うくらいなら、どうしたら家計にお金が残るか?に知恵を使えばいいのに。
結果として、自由なお金が増えるのに。
いつもそう思います。
Posted by リックルハング at 2009年05月19日 08:55
リックルハングさん

同じ財布で生活してるのに
別々の財布だと思ってる人が多いみたいですね。

これに気が付かないとうまくお金は増えないと思ってます。

Posted by SON at 2009年05月19日 23:06
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。