2008年12月28日

今年最後の社長の話

こんばんは


今日は大掃除で疲れた1日でした。
明日の前半はまだ手付かずで残ってる玄関回りとお風呂です。


夕方からは毎年恒例の学生時代の同窓会。
子ども2人つれて家族参加の同窓会です。嫁さんは年内は仕事のため不参加。


子守しながらの同窓会も楽しいもんです。
子守がない同窓会はもっと楽しいんですけどね。


さて、SONは26日仕事納めで27日会社の大掃除ということで年内の出勤は終了したわけです。
やっと終わったって感じです。


仕事の最終日に社長や役員の挨拶が毎年あるわけですが
今年はちょっと雰囲気が違っていました。


妙に社長の話が長いのはいつもと同じなのですが、何度か同じ内容を繰り返し話している
「脳梗塞でもなりかけてんのかな」


勝手に不謹慎な想像を膨らませていたところに出た言葉


業績予測の下方修正と来年度から役員報酬カット+管理職の給与カット


そこまで社員の前で踏み込んだ話をするとは・・・
その場にいたみんながそう思ったと思います。


同じ話を繰り返していたのもなかなか言い出せなかったのだということで脳梗塞になりかけているわけではありませんでした。


かなり苦しい状況だなという雰囲気はわかりました。
この金融危機で上場企業ですら黒字倒産している時です。


上場している企業が黒字を出しているのに融資が得られずに倒産しているんですよ。


中堅の会社でかつ最終赤字に転落した場合・・・
銀行は融資してくれるのだろうか?


他の社員の反応は
「管理職と役員だけでよかった」
というのがほとんどでした。


SONは
「3月の決算で倒産もありえる」
と思いました。


過去にも経営が厳しい時には同じようにして切り抜けたことがあったらしいのですが、その時と今では取り巻いてる環境が大きく違ってきています。


業績予想を下方修正しての役員報酬のカットという動きのようですが
来年は予想以上に業績が伸びない可能性が高い


本気でのんびりする暇が無くなりそうな気がしています。


SONの勤めている会社は3つの事業があるのですが
SONが所属している事業はずっと黒字を出し続けているのです。
もちろん今年も結果は残している。


その他2つの事業がなかなか結果を出せていないんですね。
多くの企業が設備投資を控える状況では来年度の業績を回復させる見込みはないと思います。


SONとしてもまだまだ心の準備もできてませんので会社には生き残って欲しいと思っています。
もう少し、自分の土台を作る時間が欲しいと思ってますんでね。


それでも覚悟だけはしておくつもりです。
そして、空いた時間はお勉強です。


生き残るためのお勉強。
気分はなんとなく背水の陣です。


今日は読んだ投資の本のこと書こうと思ってたんですけど
それはまた次回にします。


ではまた!!




ラベル:資金繰り
posted by SON at 23:21| Comment(2) | TrackBack(0) | 普通の日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ボクも背水の陣です。
会社は安泰ですけど、いろんな意味で会社に対してカミングアウトする時期まで、カウントダウンに入っています。
それまでに土台。。。
頑張ります!!
Posted by リックルハング at 2008年12月29日 23:34
リックルハングさん

カミングアウトまでカウントダウンとは思い切りましたね。

そうなると後には引けないし、正に背水の陣ですね。

後悔しないでいいようにできることはしっかりと取り組みたいですね。
がんばりましょう。!!
Posted by SON at 2008年12月30日 11:24
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。