2016年07月10日

イギリスのふり見て我がふりなおせ

今日は選挙の日です。
仕事が終わったらあとで行こうと思っていますが


あなたはどう?


うちの子(高校3年)は誕生日がまだなので
今回の選挙に投票できないのですが
次の機会には投票することになるので


試しに投票所に一緒に行くか?
って誘ってみたのですが


めんどくさーい
興味なーい


という態度です。(^_^;)


毎回夫婦で投票しに行っているのを
子供たちには見せてきたのですが・・・


なぜこうなるのでしょうね~


たかが1票という意識の薄さなのかもしれませんが
ちょうどイギリスの国民投票が良い例だと思います。


選挙が終わって結果がでてから


「投票すればよかった・・・」
とニュースで流れてましたよね


アホちゃうの?
って思ってしまいました。


その1票で国の方向が決まってしまうこともあるわけですから
自分の意思は投票で示すべきだと思います。


ぴったりくる政党や候補者がいなければ
できるだけ自分の考えに近いところに入れるしか方法がありませんが


あとから行っとけばよかったと思うほど
バカなことはない。


イギリスの国民投票やり直しは拒否されているようですし
出てしまった結果はそう簡単に覆らないってことです。


若い人ほど自分に関わることとして考えてほしいですね。
残りの人生長いわけですから。


さて、
さっさと仕事を終わらせて投票所に行かねば(^_^;)



posted by SON at 12:51| Comment(2) | TrackBack(0) | FP勉強日記 | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。