2016年02月03日

マイナス金利で住宅ローンをどう選ぶ?

びっくりしましたね~
マイナス金利・・・


まさか日本までマイナス金利になってしまうとは思っていませんでした。


マイナス金利のことがイメージとしてよくわからなかったので
発表されて即、本屋さんへ


マイナス金利について書かれた書籍をみつけて
一気に読み切ってしまいました。
さすがに買いましたけどねw


3月以降からはたぶん
このマイナス金利の影響がでてくると思います。


今までみんなが底だと思っていたところに
穴が空いたわけです。


どんな深さなのか?
どれくらい大きな穴なのか?


これがよくわかってないので
どこまでのマイナスになるのかは不明ですが


今発表されている-0.1%よりもまだ下がる可能性がありそうです。


さて、これから住宅ローンの金利を選ぶとして
教科書的に考えると


ここが底だと分かっている
これ以上は下がらないだろうと思われる局面であれば


長期の固定金利


でも、下降する余地がまだまだあると思われる局面であれば
変動金利または短期固定金利


という選択になると思います。


最近の優遇金利争いに加えて
店頭表示金利も下がることになるかもしれませんね。


今まで日銀に置いとけば利息がもらえたお金を
なんとか貸出さなければいけないとなるのであれば


個人向けの住宅ローンも重要なターゲットになってくると思います。


そうなれば
銀行間の金利優遇争いが再燃


もし激しく金利競争が起こるようなら
一度借り換えをしたことがある人も
再検討の余地がでてきます。


まあ、実際にどう変わるかはこれからなので
慌てて動くことはオススメできませんが
今年はじっくりとタイミングを見ていきたいものです。


来月以降は注目です。
もちろん日銀の発表からも目が離せませんね(^-^)


お知らせ

あなたが死んだら誰が相続人になるのか?
誰が困ることになるのか?

誰と誰が残ったお金などの財産について
話し合いを持たなければならなくなるのか?

難しい話は置いといて
あなたが本当に知っておく必要がある話を前面に出していきますので
お楽しみに(^-^)

詳細は
→ あなたの常識は相続の非常識~遺産相続人は誰だ~


posted by SON at 12:41| Comment(0) | TrackBack(0) | FP勉強日記 | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。