2015年07月27日

数字の投資と人の歪み

土曜日に不動産投資の話を勉強会で開催してきました。
前回の記事はその風景です。


どうしても投資となると
なんというのでしょうか・・・


数字を追いかけるような感じになっていくのですよね。


それは不動産投資だけではなくて
株式投資もFXも同じで


結局数字の駆け引きを自分有利に組み立てたものが
圧倒的に優位に立てる


勉強会でも出て
私個人の考え方と同じだな~と思ったことに


机上の空論で負けているものは
実際では絶対に勝てません。
机上では最低でも勝ちましょう。


まあ、世の中には天才と呼ばれる人もいますので
絶対勝てないなんてウソになってしまうのですけど(^^;


まあ、投資ってどうしても数字の話になってくるイメージがあるのです。


そうはいっても
不動産にはそこに住む人
そこを借りて事業をする人がいますので


数字だけで物事を考えていると
どこかで歪みみたいなものもでてきてしまうのかな


その歪みを含めて投資を考えている人が
なんとなくですが


リスクに対しても柔軟に対応できるような気がしています。


数字だけではなくて
そこに関わる人のことまで考えて
動くことができれば物事はうまくいくのかも


うーん
今日はとりとめない記事になってしまいました。


まあ、何を言っても
結果のでてない話では説得力はありませんので(^^;


私も何か結果を出して
こんな事を考えているんですよ~って言えるようになりたいと思います(笑)



posted by SON at 12:35| Comment(0) | TrackBack(0) | FP勉強日記 | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。