2013年06月03日

だまされる人が損をする

アベノミクスで株価がどんどん上昇すると共に
耳にする、目にすることが増えてきたことに


投資詐欺があります。


最近ではMRIの問題もありましたし
小さな事件までいれるとものすごい数の投資詐欺事件が発生しているようです。


ここで考えて欲しいことに
誰が損をするのか?


ってことです。


善悪でいえば
詐欺をする人が悪いに決まってます。


で・・・だまされた人はどうなるの?
ってことですね。


まあ、ありがちなパターンはほとんど出資した資金が戻ってくることはありません。


お金が残っていれば戻ってくる可能性はあるのですが
こういう事件って


お金が全然なくなって
それが出資した投資家の知るところになって


やっと問題が表にでてくるパターンが多いじゃないですか
表にでてきた時にはお金が残ってないんですよね


結局、だまされた人がまるまる損を被るようなことになるんです。


じゃあどうすればいいの?
ってことです。


だまされる前に気が付く
だまされたとしても表に出てくる前に解約する


それしかないのではないかと思っています。


最近ずっと順調に上昇を続けてきた株価が
ここにきて暴落するということがありました。


「投資はやっぱり怖い」
「もっと安全な運用先はないのか?」
「暴落しない投資商品はないの?」
「元本保証で高利率な投資があったらいいな」


こういう気持ちがうまれていませんか?
もし・・・少しでもそんな気持ちになっているなら


是非、6月29日に開催する
投資詐欺対策勉強会に参加してください。

ウマい話がなのかな?
と思ってしまうということは


怪しい商品に引き寄せられる可能性があるということ


これに対抗するには
事前に怪しいパターンを知っておく


それが1番の対策ですからね♪

詳細は
→ リーマンインテリジェンス



勉強会の雰囲気はこんな感じです。
→ 勉強会開催報告


お気軽にご参加ください。



posted by SON at 12:41| Comment(0) | TrackBack(0) | FP勉強日記 | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。