2013年03月25日

日本の国家破産に備える資産防衛マニュアルの感想

先日、梅田で待ち合わせしている時に1時間ほど余裕がありましたので
紀伊国屋書店をウロウロ・・・


そこでアベノミクス肯定派、否定派の書籍が並んでいるところに
日本の国家破産に備える資産防衛マニュアル

を見つけてどれどれと・・・


読み始めると仮想日本の国家破産の物語が始まり
その後、日本の経済状況に応じた金融資産の選び方が書かれていました。


著者が想定している国家破綻の形に対して
こういうタイミングならこの金融資産


ここまで来たらこの金融資産


といった形で書かれているのでわかりやすかったです。


考え方は私も良く似た部分がありましたが
選ぶ金融商品についてはちょっと違いがありました。


アベノミクスがこのまま順調に行く時の考え方とかね
でも読んでいて面白かったです。


私なら、このタイミングはこの商品かな~なんて思いながら
読んでたからでしょうかね♪


まあ、著者が仮想する世界が実際に起こってしまったら・・・
本当に怖いなと思いましたが


それが現実になりそうな気配を感じた時
動けるのかどうかが


この本をちゃんと読んで腑に落ちたか
単に読んだだけなのか


ということになると思います。


本を読んだだけで実際に行動に移す人は少ないでしょうが
せっかく読んだのでしたら行動に移してみるのも悪くないですよ♪


何事もやってみるのが1番勉強になりますので♪







posted by SON at 14:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 読んだ本の話 | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。