2013年01月16日

日本破綻予想をどう考える

安倍総理になってから
なんとなく急激に景気が回復しているような
なんとなく全てがうまくいってるような


そんな感じがしないでもないですが
全く逆のニュースが今日のyahooニュースにあがっておりました。


→ 日本年内にガラガラポン


なかなか強烈な記事だなと思って読んでいました。


こういう記事は丸々全部鵜呑みにするわけにはいきませんが
もしかしたら、万が一には


こういうシナリオもありえるのかな~
くらいにとらえています。


もし記事にあったように国債金利が急騰するような事態が
本当に起こるなら


万が一が起こる可能性がでてきますからね。


どうせ何も起こらないから気にしないでほっとく
というのも一つの手ではありますが


ちょっと気になった人は
国債金利の動向などチェックしてみるといいかもしれません。


→ 財務省金利情報


国債金利は10年のところを見てくださいね。
ニュースで出てくるのも10年物の金利の話が多いです。


良い話も悪い話も丸々受け取って振り回されてしまうと
身が持ちませんけど


だからといって全てほったらかしにするのも
ちょっと不安もあります。


ちょっと気になるニュースはチェックしてみたり
自分で国債の金利を調べてみたり


自分なりの情報収集を心がけてみるといいのではないでしょうか


完全に個人的な見解ではありますが・・・
たぶん大丈夫だろうと思っている気持ち 90%
何らかの想定外の事態が起こるとヤバイかも 10%


です。


この10%の気持ちをどう行動に反映させるかで
ちょっと考えたりすることもあるんですけどね。


投資商品を選ぶ時には、ほんの少しだけ
気持ちの10%分だけ


国債が暴落するようなことがあるなら
対策として何か方法があるのかな?


ってことを頭の片隅においてたりします。


そうはいっても何がベストかってところで迷いもあって
10%分を準備するというほどではありません。


次の土曜日に勉強会の新年会を開催しますので
またその時にでも話し合ってみようかなと・・・


ベテランの投資家さんたちが集まりますので
ご意見を伺ってみようと思います♪




posted by SON at 12:44| Comment(0) | TrackBack(0) | FP勉強日記 | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。