2012年10月05日

大病院の会計待ち時間に異変

今日は1年に一回
子どもをつれて大阪市総合医療センターという


ここらでは結構大きくて設備の整った病院に行ってきました。


子どもは元気そのものなのですが
色々ありまして年に1回、通ってるわけです。


この経緯は過去記事の
育成医療の申請手順を読んでいただくと何となくわかるかな・・・


育成医療という助成制度を知らない人も読んでおくことをおすすめします♪


さて、今日はそんな感じで病院へ行ってきたわけですが
子どもの調子も順調そのもの


何の問題もなく今年も一安心だったのですが


今日の病院には1つだけ
去年とは違ってることがありました。


それは・・・


病院の受付と会計が近代化されていました。


大きな病院のため今までは受付の時も帰りの会計の時も
ながーいこと待ってたのですが・・・


銀行のATMみたいな機械があちらこちらに設置されていて
もらった用紙にあるバーコードをピッとするだけで


支払い金額が表示されてお金を投入したら終了。


う~ん・・・早い!!

今まで会計の待ち時間はなんとかならないかな~
と思ってましたが


ここまで早いとビックリです。


そうそう、病院といえば当然、ご年配の方も多いので
そんな最新の機械の使い方なんて


「どうにもこうにもならん!!」
となることも想定済みのようで


ちゃんと説明する人が近くに立ってました。
銀行みたい♪


毎回、待ち時間にカップコーヒーを飲んで
ひといきつくのが楽しみなのに・・・


今回はひといきつく間もなしでした♪


posted by SON at 19:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 普通の日記 | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。