2012年08月02日

PC作業による眼精疲労を激減させる手軽な方法

最近はPC作業で目が疲れる人に
作業用のメガネがよく売れているようですね。


私は1日12時間以上PCと向き合うことが日常茶飯事ですので
目の疲れには非常に敏感です。


他人のPC画面を見ていると
あっこの画面は目が疲れるな~


とすぐ感じてしまうんです。


普段から長時間、しかも2台のディスプレイに囲まれて作業していますので
簡単に目が疲れるような状態では仕事になりませんからね~


かといって普段かけていないメガネをかけるというのも
逆に疲れてしまいそうですから


できるだけ普通にPCと向き合いたいわけです。


本当ならディスプレイにフィルターを取り付けると
目には優しいのでしょうが


そのてのフィルターは結構なお値段しますし・・・・


そういうことなので長時間PC作業を行ってる私が
新しいディスプレイを取り付けた時に


必ずやっていることをお知らせしようと思います。


やってる人からすれば当たり前ですが
意外とやってない人が多いのではないかなと・・・


まずPCに電源を入れてディスプレイが点いたら
『ディスプレイの明るさを調整』してください


基本はそれだけです。


初期値が100のmax設定になっているとしたら
50以下まで下げるのをおすすめします。


ちなみに私は20~30です。


デスクトップでもノートPCでも同じ
画面の明るさはきれいに見えるように初期設定がmaxになってる場合が多いので


最初にどーんと下げてあげると
目の疲れ方が全然違ってくるんですよ。


ま、だまされたと思ってやってみてください(笑)


最初はちょっと暗く感じるかもしれませんが
慣れればどうってことはありません。


節電にもなりますしね♪

☆お知らせ8月18日に株式投資の勉強会を開催します。

この勉強会は一般の人対象です♪(FPさんの参加ももちろんOKですよ)

テーマ「勝ち組投資家の超!!実践株式投資」
詳細は→ リーマンインテリジェンスHPへ


posted by SON at 12:29| Comment(0) | TrackBack(0) | サラリーマンの節約術 | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。