2011年12月31日

今を精一杯生きること

あと数時間で今年1年が終わりを迎えますね。


今年も色々と
迷いながら
もがきながら


チャレンジを続けた1年だったと思います。


なかなか上手くいかないことも
多くてくじけそうになりながらも


なんとか前を向いて歩いてこれたような気がします。


ただ・・・
今思い返せば


取り組んできた多くのことに
私は全力を出し切れていたのだろうか


と・・・


「もうこれ以上は無理」
と言い切れるほど


全力を注ぐことができていただろうか


と・・・


今年は震災があり


人間は次の瞬間には死んでしまう可能性がある


ということを知っていたつもりでしたが
関西に住む私には緊迫感というものが欠けていた様に思います。


一昨日、


朝、元気に挨拶した上司が
夜に心臓麻痺で死亡するという出来事があり


突然の出来事は誰にでも起こるものだということを再認識しました。


私は身近に感じていた人に突然のことが起こらなければ
緊迫感を感じない鈍感な人間のようです。


この出来事を機に


いつ自分が死んだとしても後悔しないような生き方ってあるのかな?
と考えてみましたが


いつ死んだとしても
きっとやり残していることは沢山あるんだろうなと


それでも


たとえやり残しはあったとしても
『精一杯生きた』と思えていれば


自分らしい生き方ができているのかもしれないなとも思います。
そうなると中途半端なことはしてられないですね。


これからは
いつも自分に問いかけていこうと思います。


『今を精一杯生きているか』




posted by SON at 21:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 普通の日記 | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。